[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

イシノラボのプリアンプ三日後


届いてからずっと慣らしています、ロベン・フォードとラリー・カールトンのCDの鳴り方が以前とまるで違うのです、ルビジュームのマスタークロックは最高で聞いてます。

電気的に音を作った感じがまるでなく、録音されたそのままが、あますところなく再生されている、各々の楽器は完全に分離してきました。

固く引き締まったファインメットの電源トランスの消磁が進むのと、巻き線が電磁誘導により動き、少しずつゆるんでくる為と思います。

それにしても凄い情報量だと思います、まだ慣らして72時間なので、情報量はこれから加速度的に増えて来ると推測出来ます。

このプリはパッシブタイプなので、CD等AUXで鳴らせるものは電源トランスなしで動作出来ますが、やはりファインメットトランスを繋げた方が良いと感じます。

電源を入れると音が潤い、キュッと楽器が小さくなります。

音質劣化の原因となるバランスツマミやトーンコントロールツマミは一切ありません、これは実にありがたい事です。

何でこんなものがついているのか以前から不思議でした、数年後間違いなく接点不良になり、嫌な思いをします。

接点は少なく、回路や配線は最短でシンプルにこれが一番です、イシノラボさんを検索してくれた千葉のIさんに感謝しております。

市販のアンプもたくさん聞きましたが、正直余計なものが付いてパワーが無駄に大きく、重たく値段が高い割に音は大したことなかったです、正直ヤワです。

私のスピーカーの能率は101dBあるので、あまりパワーを必要としないのです、ウーハーに50W、ドライバーとツィーターに各々20Wで発注致しました。

パワーアンプは電源トランスが大きくなると、どうしても唸るのです、唸りは振動ですパワーアンプ自体にも、他の機材へも悪さをするのです。

過ぎたるは及ばざるが如しです。

今回のパッシブプリは、新たに来る三台のパワーアンプを鳴らす為に作られたのです、多分最強の音になると思います。

とても楽しみです。

そしてフォノです、MCトランス内蔵です、コアはスーパーパーマロイを使っており癖のないとても優れた音を聞けます、MCトランスをパスしてMMを聞くことも可能です。

べた誉めになってしまったのですが、本当に素晴らしいプリアンプです、ボリュームはUカーブのものでなく最高水準のセイデンのスイッチです。

これを越えるスイッチは多分まだありません。

システムが極限まで整っていたので尚更総てがきいたのだと思います。

イシノラボさんありがとうございます、しかしもう答えが出た様なものです、これから先鳴らす程にこなれ悪くなる事はないと思います。

凄いプリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です