[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

カットオフ周波数マルチドライプ

私のチャンネルデバイダーはマイナス18dBクロスです、暫くはドライバーのハイカットを8kHzで、ツィーターのローカットも8kHzで、クロスさせて聞いて来ました。

そろそろイシノラボのチャンネルデバイダーもプリアンプも馴染んで来たと思われます、多少違和感を感じて来ました。

「そろそろ重い腰を上げてみるか?」そう思ったのです。

「少し明るくなってきたドライバーのクロス周波数を12kHz迄上げて各々クロスさせてみるか?」そう思いました。

ドライバーの音がのびのびしていて爽やかになり、ツィーターの音に本物のエアー感を追加したかの様なツィーターが消えたかの様な音に感じます。

しかし、暫く色々な場面で色んなジャンルやレコードレーベルを聞かないと分かりません。

三時間CDをリピートさせておき、何も言わず帰宅した家内と食事をしながら聞いていました、暫くして家内が「何か音がつまらない」と言いました。

早速元のツィータードライバーともに8kHzカットに戻しました「爽やか、こっちの方が良い」といいました。

家内は「音が上に抜けてバランスが良い、まるで違う」とはっきり言いました、これは普通の人にはまず分からないと思います、普段からいかに真剣に聞いてくれてるのかが分かります。

私もそう思いました、一人でオーディオやってると、装置の側に行ってレベルを調整し、リスニングポイントに戻って聞くため、何か違ったのは分かるのですが、真価はなかなか分からないのです。

まだ風邪で耳も思考もやられてますね。

家内へ、何時もありがとう、素晴らしい能力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です