[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

深夜の小音量再生再び

もう何度目になるでしょうか?とても貴重な特別な時間に感じるのです、以前の更に半分の音量で、かすかに鳴っています。

普通ならば躍動感も付帯音も感じないので、痩せて聞こえるのですが、イシノラボのパッシブプリアンプの実力を見せ付けられました、音量は小さくてもハッキリ見えるかの様に聞こえるのです、ブラックホールの様で、とても神秘的です。

深い夜の静寂(しじま)に吸い込まれていきそうです、素敵です。

エルビン・ジョンズのマーク・レビンソンのレコードを聞いています、物凄いダイナミックレンジですね、このレコードを聞くと当時は、マーク・レビンソンのアンプを買うしかないですね(笑)

たくさんのアナログを聞きました、しかし、どのレコードも素晴らしく、やはり、アナログの懐の深さを見せ付けられました。

音が小さくなるにつれ、それは顕著になります、やはり小さな音量で上手く鳴らないシステムは駄目なのだと思いました。

JBL 130Aとイシノラボ、そして家内よ、本当にありがとう。

そろそろ酔いもまわってきました、お休みなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です