[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

試聴の点数を一点を上げる大変さ


オーディオは一人では出来ません、他人(第三者)を唸らせてなんぼの厳しい世界です。

抜け目なく行う日々の努力は、なかなか結果は出ませんが、後に必ず音質還元となり無駄にはなりません、これからのウエスタンスピリッツをどうぞ宜しくお願いいたします。

どうせオーディオで高嶺を目指すなら、日本で一番と言われてみたい、私はそう思い日々努力して参りました、なので正直並のレベルではありません、このお話のレベルも世間とはかなり超越している筈です。

それが出来るのは、日本全国良いと言われる音があると聞けば、実際に行き聞き歩かれた甲府のOさんがいらっしゃるからです。

Oさんのご試聴結果では、私の順位は前回迄(去年の12月)は全国で五~六番手だそうです、前回はこのアナログのレベルをCDで聞く事が出来たら凄いな、との事でした。

その時は「やっぱり来たな」そう思いました、今まで安い古すぎる中古品(昔は超名機)ばかり使ってきたからです。

しかし、ウエスタンスピリッツのアナログのレベルは今や凄まじく、これと並ぶCDプレーヤーとなるとEsotericのK‐01Xをおいて他にはなかったのです。

もう迷いはありませんでした、しかし、あまりに高額になるため、家内に駄目元で相談しました、答えは簡単「買えない訳じゃあるまいし、買えば良いじゃないの、貴方プロだよね」拍子抜けしました。

ステレオサウンド誌を見せて値段を見せても「一番高いものなら少し引くけど、Esotericの一番高いCDプレーヤーとマスタークロックジェネレーター(ルビジューム)とヨルマデザインのデジタルケーブルならば買いなさいよ」との事です、やったあ!!

そして、購入し鳴らしてみると、あまりの音質の凄さに、今まで中古で購入し使ってきたプリアンプやパワーアンプとチャンネルデバイダー総てが、既に経年変化でボケて悲鳴をあげている事に気が付いたのです。

そしてアンプも総てイシノラボさんに依頼して、チャンネルデバイダーが出来上がり、プリアンプが出来上がり、聞いて来ましたが、全くの別物と知りました。

後はパワーアンプを三台待つのみです。

これら一つ一つが、僅か一点を上げていく結果に繋がる事を、私は気が付いたのです、CDプレーヤーとマスタークロックジェネレーターの差は一点を遥かに越えたと推測します。

そして、少し前に長年改造して使ってきたJBL 130Aが耐えきれず飛んだので、交換したのです、今回は改造していませんノーマルです、結果は話すまでもありません、最高にgoodです。

さて、私はトータルで何点まで上げる事が出来るでしょうか?

まだまだではありますが、もう最終段階まで来たのは間違いないでしょう、最後まで気を抜けません、一つ妥協したら小さな綻びが出来て、そこからシステムは崩壊するのです。

上手く鳴らせなかった、お金がなかった貧しかった時間が、私を大きく育ててくれていたのです、後は更に先を目指すのみです。

確実に重ねた音質改善と、現代のハイエンド技術の力も借りましたが、一点を上げる努力はこれからも惜しみ無く続きます。

近々間違いのない、しっかりした結果が出る筈です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です