新宿歌舞伎町ジョイフルサウナフィンランド閉店

[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。







2012年一月十三日金曜日、午前中10:30に新宿歌舞伎町に着いた、空は青く雲一つない綺麗な空だった。
今日、フィンランドに最後のお別れをしてきた、名残惜しい。
遂に私のオアシスだったサウナ フィンランドが、2012年一月十五日(日曜日正午)に閉店する。
昔、そのピルにはニューヨークニューヨークと言うディスコがあり、若い頃、随分通ったのだ。向かいにはコマ劇場があり、その中にも大きなディスコは三件ほどあった、ビックトゥギャーザーやハローホリデーやカーニバルハウスである。西武新宿線の方には、知る人ぞ知るシャンゼリゼもあった。
ご存知の方も多分いるだろう。
昔の話である、前には噴水があって、時間になりディスコが閉店になって、追い出され、深夜喫茶も寝ていては起こされ、更に飲み物を追加させられ、あげくのはてには追い出され、電車の始発迄仲間と街を歩き回り、それでも一晩中楽しかったものだった。
歌舞伎町のフィンランドの開店が40年前だとすると、私が12歳の時になる、私はまだ小学生、北海道石北線の遠軽町豊里にいた、東京に出て来たのは、私立の高校に入る為だ、その時、既にそこにあった事になる、サービス向上の為に幾度も改装を重ねたのだろうが、今はさすがに古さは隠せなかった。
最近、閉店が決まってからレストルームの食事は毎週減っていった。
とても寂しかった。
当時は東京も今程は洗練されてなかったと記憶する。これは想像だが、オープンした時は、さぞや垢抜けていて、遊び人で賑わった事だろう、そして多分竜宮城のようだったのだろう。
昔私はこっちに出てきて、千葉の市川の平田に住んでいた、その時にサウナフィンランドは少し後からになるが、市川にもあった。
入浴料は安かったし、若かった私にはそれこそ竜宮城の様に見えたものだった、確か、パチンコ屋さんの二階、三階にあり、広く綺麗で、バスタオルもフェイスタオルも使い放題で、食事もなかなかメニューも豊富で私には美味しかった。
市川のフィンランドは十五年程前に閉店している。
歌舞伎町も食事は他のサウナより美味しかったと私は思っていた。
ただ全身緑色の綺麗な絵を書いたやっちゃんが多かったが、特に悪さをするでもなく、威嚇する訳でもなく、他の人は全く気にしていないようだったが、私は少し引いていた。清掃もあまり行き届いているとは言えず、マッサージや垢擦りのアジア系の女性が、入浴中に気安く声をかけてくるので、少しうるさかったが、それでもいいと思っていた。
フィンランドの食事は冷凍だとネットに書いてあったが、私はそれで構わない、最後にカレーライスと鶏のチャーシューとビールとレモンサワーを頼んだ、私の何時もの定番である、美味しかった。
若かった頃を思い出した。そして再度最後の入浴をした。
日曜日の正午で閉店になる、当日は込むと嫌なので金曜日の今日お別れをしてきたのだ。
帰る道すがら歌舞伎町を改めて眺めてみると、街はすっかり変わってしまい、全く危険性のないつまらないごく普通の街にすっかり変わり果ててしまった。振り返ると、今は空虚で、何の面白味もない街だった。
寂しい気もするが、私はこれでもう新宿歌舞伎町に用はなくなった。
何か、最後にオーディオと繋がる気がした、私の頭に浮かんだメロディーはダウンタウンブキウギバンドのスモーキンブギだった。そして昔、その新宿歌舞伎町で私は今のJBL4560と出会った、私がディスコに通っていたころ、竹の子族が規律を守り、男女共に化粧をして、神様の様なスタイルで鉢巻きをして、たくさん街を歩いていた。
でも、再度今日私の頭に浮かんだメロディーはリップスのファンキータウン、シュガーヒルギャングのラッパーズディライト、ブロンディーのコールミー、マイケルジャクソンのロックウィズユー、シックのグッドタイムスだった。
まだ心に響いている。
少し寂しいが。
楽しかったなあ。
また会う日まで。
フィンランド、今まで本当にありがとう。
そして、従業員のみなさん、今まで色々ありがとう、ご苦労様でした、さよならみなさんお元気で。

新宿歌舞伎町ジョイフルサウナフィンランド閉店” に対して1件のコメントがあります。

  1. ヒロポン より:


    なみだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA