[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

B&Wのラインケーブル

去年の暮れにB&W MATRIX802S2を使っているお客様にMCヘッドアンプを持っていった、次の日に音がうるさいと言われていた。
私も以前自宅でMCヘッドアンプを繋いだ時にうるさくなった、結局ヘッドアンプを入れてない時に作って鮮度の上がったシールドしてないラインケーブルが原因だった事がある、ヘッドアンプの鮮やかな音が私にそれを気付かせてくれたのだ。
今回もそうだろうと思う、やっとシールドケーブルを作り終え、繋いでみた、かなりの音がした、そして以前使っていたシールドしてないケーブルに繋ぎ変えてみた、やっぱりうるさくなった、そしてまた作ったシールドケーブルを繋いだ、情報量は減らずに低音が増えて静かになった。
システムがまだあまりレベルが高くない場合、逆にシールドケーブルを繋ぐと音はボケて聞こえる、しかしシステムのレベルが上がって来ると、ラインケーブルはシールドしないとかなり外来ノイズにやられているのがこれで分かる。
当たり前と言われそうだが、そうではない。
レベルアップしていくと、全く違う答えになるから不思議だ。
以前は確かにシールドしない方が音の鮮度は上がったのに。
我が家はJBLである、何もしなくても低音は出る、しかし、B&Wは歪みが少ないため、低音も少なく感じるから、あえて今私が使っているケーブルとは違った作り方をして、今回、違う方向から似たような音を出したい、つまり低音がもっと出て聞こえる様にしたいのだ。
我が家で低音が出過ぎる位で多分B&Wはちょうどバランスする筈なのだが、何となく上手くいきそうな気がする。
配線は今日だ、エージングをしっかりして持参した。さて、どうなるか。
とても楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA