[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

距離感とエアー感が出てきた

そして、色んな楽器各々の分離感が出てきました、広がりや奥行き感も桁外れ、総てのたがが外れた様な鳴りかたに変化。

しかし躍動感や変な嫌らしい作った様な響きは感じません、総てはさりげなく、あくまで自然なのです。

これがイシノラボのアンプでござれと言うような独特な癖の様なものは一切なく、ただ素直に増幅している、これが素晴らしいと思います。

普通のアンプの製作者は、必ず思い入れが強く、その人固有の帯域バランスがあるものです。

つまりイシノラボは私に、極限まで癖のないアンプを作り、ウエスタンスピリッツはイシノラボのアンプを繋ぐ前に、お膳立て(床や機材の下に分厚く板を敷いた)をしっかり行った、その結果、双方の考えが絶妙に合致した、そう思えるのです。

もしも、イシノラボのアンプだけを購入したとして、普通の設置の状態でこの様な鳴り方には到底ならない、私のケーブルと同じだと思うのです。

アンプやチャンネルデバイターに個人の思い入れや独特な音はいらない、私はイシノラボのアンプを聞いてそう思いました、実に硬派な作りです。

付帯音も感じないのです、変なキラキラした響きもないのです、あるのは録音された真実のみです。

さあ!!もっともっと鳴らし込みましょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA