[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

不思議な木

今回は、千葉のIさんが色々探され購入されたとある木材の事です、一見青黒檀と似ているのです。

それを機材やスピーカーやノイズカットトランスやホーンやドライバーの下に敷くと、そのものの音は強調されず、付帯音が減りハーモニーが形成され、各々のスピーカーユニットの存在が手を結び、まるで消えたかの様な、音楽的な鳴り方になるのです。

Iさんにこの木材の名前を聞いても「知らない」と言うのです、購入されたので知らない筈はないのでしょうが、色々お考えがあるのでしょう。

ある程度の大きさに加工されたものを、我が家の色々なサイズに更に加工され、しっかり水平(精度)を出すために削って頂き、我が家に送って下さったのです。

前回のご試聴の時にご持参され、試して素晴らしかったので、今回たくさん注文致しました。

一ヶ所三個ずつ敷くたびに、音質はそちらの方向へ良き変化をします。

その木材どおしを叩き合わせてみると、青黒檀とは微妙に違うのですが、よく似ています、青黒檀の音色は骨格が形成され、解像度は上がりますが、少し明るい(響いてうるさい)ところがあるのです。

しかし色々な場所に敷いてみるとその音は全く違うのです、ウエスタンスピリッツのスピーカーシステムは、スリーウェイオールマルチシステムです、ホーンやドライバーの下に敷くと、ホーンの音は主張しなくなり、ウーハーとの繋がりが良くなりました。

不思議な木です、多分アフリカ辺り(暑い国)に生えている、目の詰まった硬質な木材だと思います。

私にはケーブルは作れても、この木材を探す能力はありません。

素晴らしいです、Iさん、いつも感謝致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA