[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

エール音響 1710Be

千葉のIさんに去年譲っていただきずっと使って来ました、以前人から借りたエールのツィーターはLCネットワークだったからか、あまり真価を発揮しませんでしたが、今はマルチになり俄然実力を発揮しました。

音はクリアーで強いのですが、私のは振動板がべリリュームなので、付帯音が殆どないのです、その為あまりツィーターが主張しないのです。

しかしこのツィーターを繋げると、ウーハーやドライバーの音まで牛耳ってしまうのです、いかに帯域バランスが大切なのかが分かります。

ツィーターを外すと低音は抑えがきかなくなり、鳴りっぱなしになってしまうのです。

総ての帯域は絶妙なバランスの中で、支え合って鳴っているわけです。

それまではTechnicsのEAS‐9HH42を使っていましたが、こちらは振動板がチタンで磁束密度も低く、比べるとエールの圧勝です。

シンバルもただシャンシャン鳴ってるだけでなく、ミュージシャンが実に多彩な叩き方をしてるのが分かるのです。

いかに磁束密度が大切か実感致します。

やはり高額なものは精度があり、その辺しっかり作られているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA