[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ケーブルは売れなくていい

といおうか、分かる人にだけ購入して欲しいと思います、市販のケーブルと違い数字の為に売れればいい商品とは性格が違います、リッツ線を完成させるのは、実に根気が入り何度も色んなタイプの方々と試聴を繰り返し、やっと完成させたのです。

まずお客様がモニターされたケーブルを聞き分けるには、お客様自身のシステムが、かなりのレベルになっていてほしいのです。

ですから私は自分のケーブルを売り込まないのです、
音の悪いシステムを上手く鳴らすケーブルはありませんが、努力して鳴らしてきて後一歩のところまでなっているシステムならば、ウエスタンスピリッツのケーブルでなにがしかの答えが出る筈です。

この様に常に私が考えていないと、間違えて伝わってしまうと思うのです。

ウエスタンスピリッツのケーブルとは、付帯音が少なくスッキリクッキリが特長ですが、貴方の今現在のシステムの鳴り方が、スピーカーにへばりついたようなら、あまり効果は期待出来ません。

つまりスピーカーシステムから音が剥がれてない事を知って、そこを個人の裁量で改善する努力をしてほしいのです、残念ながら殆どの方がこのレベルにさえ来てないのが現状です。

この大変さを心底理解された方が、ウエスタンスピリッツのケーブルをモニターされたなら、購入するしないに関わらず、一発で違いが分かる筈です。

オーディオは人それぞれではなく、ただしい答えはあるのです、総てを数学の式で求めることは出来ませんが、狙いが正しければ近似迄値は求める事が出来ます。

しかし、以前の私は闇雲にケーブルを作っていましたが、そのやり方では何パターンも作らなければならず大変なので、毎日時間の許す限り図書館に通い、リッツ線の理論を勉強して近似値を割り出したのです。

その後は己の耳を信じ微調整致しましたが、近似値はとても助かりました。

そして完成したリッツ線なのです、心して聞いてほしいのです。

ですから、私は自信がありますので、己のケーブルを強く薦めることはしないし
アピールする必要はないのです、分かる人には分かる、そう思います。

努力と経験のある方にはわかると思います、時に根拠のないアピールは自信のない証拠です。

違うでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA