[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

こちら側が出来る事

オーディオはフォノ?(アナログ)も含めて回路は完成されていると感じます、後は躍動感や迫力を感じるものが必要か否かです。
 
 
躍動感や迫力を感じる回路はロスが多く、極限まで鳴ったシステムにそれは必要ない、そう思います。
 
 
しかし、適度なる躍動感や迫力は削ぎ落としてはならない、私の場合それが、低磁束ノイズカットトランスとなります。
 
 
私はノイズカットトランスを繋いだ音の方が好きなのかもしれません。
 
 
確かにノイズカットトランスを繋ぐと情報が少し減る気がしますが、繋いだ方が心に訴えて来るような気がするのです。
 
 
それが好きですべてにノイズカットトランスを一対一で繋いでいるのです。
 
 
勘違いしないで欲しいのは、ノイズカットトランスでノイズはあまりとれません。
 
 
アンプにしてもFETアンプにするのか、躍動感のない違った回路にするのか、ここが大きな問題です。
 
 
FETアンプはやはり余計な音が付きますが、躍動感みたいな音を感じます。
 
 
何でもそうですが、適度に牛耳り適度に遊びを持たせる、これのさじ加減が難しいのです。
 
 
何かをやったら偶然によくなった、こんな事はないのです。
 
 
しっかりとした答えを出さなければなりません。
 
 
それにしてもどうした?fc2ブログ、更新が遅すぎるぞ。
 
 
 
《WESTERN SPIRITS》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA