[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

帯域バランス

帯域バランス、この言葉を何度このブログで取り上げ書いてきたでしょうか、過去のブログを読み返してみてもかなりの数です。

それは何故なのか、ウエスタンスピリッツのスピーカーシステムはJBL4560BK+130Aを軸としたスリーウェイのオールホーンタイプのスピーカーシステムです、一般的に音はいっけんパワフルですが、その低音は艶がなく、付帯音だらけで、モコモコした音質がJBLの常です。

そしてドライバー&ホーンの中音が薄く、ボリュームを上げるととてもうるさいのです、しかもツィーターの音も、さもさもツィーターが鳴ってるな、と言う鳴り方でした。

スピーカーシステムは三位一体なのです。

ウーハーやドライバーやツィーターのレベル合わせだけが問題ではないのです。

つまりこう言う事です、ウーハーの鳴り方が駄目ならドライバーの音と上手く繋がりません、またツィーターの鳴り方がおかしければ、ドライバーはおろか、その下のウーハーまでおかしな鳴り方になるものです。

なので、ウエスタンスピリッツはしっかりしたマルチシステムをイシノラボへ依頼したのです。

それは何故か、私はこれまで予算がなく昔の名機と言われたよく言えばビンテージと言われるものを修理をしながら使って来たのです、しかし去年新たなハイエンドのCDプレーヤーとマスタークロックジェネレーターを購入してハッキリ分かったのです、新たに導入したまともな信号がビンテージに入ると、古いものなので、弱い所が次々と壊れて行ったからです。

さすがに嫌になりました、古い機材を使っていては、常にこの繰り返しだし、ハイエンドのよき方向は永久に聞けないのではと…

そして、古い機材故に、部品定数や半田や接点が駄目になっていると気が付いたのです。

イシノラボへマルチシステムを注文して待っている間にもビンテージアンプは、何回故障したでしょうか、そんな状態ではせっかくウエスタンスピリッツの真価を聞かれたいとお客様から連絡が来ても、断るしかなく、とても辛い思いをしました。

その前にマルチシステムを迎えるお膳立てはしてありました、総てが揃った時、
すぐにではないですが、その方向に間違いはなかったと思いました。

どんなに立派なものでも、それだけでは真価を発揮する事は出来ません。

帯域バランスは見付けようとしてもなかなか出来ません、やはりオーディオの真実を根本から理解する事です、何にもしないでただ待ってだけでは、普通と同じになり、その帯域バランスにすら気が付かなかったと思います。

一番難しい事ですが、本物を知る、それしかないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA