[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

低音とは床が震えるものではない

ただスピーカーがそうと思わせる帯域が鳴ってるだけ、床がふるえていたら機材が本来の性能を発揮していません、付帯音のような音がのっているはずです、一年前のウエスタンスピリッツはそうでした。

実は低い音階とはもっと軽く素敵な音階なのです、しいて口にしたら『フワッ』かな?

クラシックコンサートで弦楽四重奏曲を聞いてご覧なさい。

こもったような鳴り方だけれど、総ては分離していて、楽器がどこにいるかなんて全く分かりません。

楽器が見えるよう、なんて三流メーカーの言葉にだまされないで、でも確かに見えるかのように鳴ります。

みなさん、もっと先までいきましょう、桃源郷まで行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA