[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

再び鴨川へ





前回は母と行ったので、介護が大変であまり楽しめませんでしたが、個室露天風呂つきのお部屋と、その広い露天風呂と泉質がとても気に入ったので、今回は母には少し悪いのですが、家内と二人で行ってきました。

それと私のMRI検査の結果が良かったら、と決めていたのです。

検査の結果は、全く異状なし、普通57歳ともなると、軽い脳梗塞になった跡がみつかるとの事でしたが、私は何にもなく、クモ膜下の所の血管もしっかりしているとのことです。

認知症の母を旅行へ連れて行くのはとても大変なのです、何をするにも前後関係を理解出来ないので、会話はおろか着替えやお風呂に入る理由や行動さえ理解出来ないため、時間がかかり正直こちらも嫌になって来るのです、でも本人には悪気はないので仕方がないのです。

そして、家内にとても突っかかるようになったのです、多分、母は家内に焼きもちを焼いているのだと思います、息子である私に振り向いてもらいたいのです、そして、家内は息子である私を自分から奪った憎い存在になったのです。

家内は理解していますが、普通の女性ならば多分出ていってしまうと思います。

一番母の面倒をみてくれてるのは家内なのです。

家内はかなりストレスがある筈です、正直、私も限界に来ています。

これは実の子だから情けなく思うのですが、やはり生んで育ててくれたふたりといない母なのです、母の良いところは今のところまだ、徘徊がないところです。

前回、旅行へ連れて行きかなり壊れてしまいましたので、今回母は留守番です、夫婦二人で思い存分楽しんで来ました。

帰り道に八平の食堂に寄って、アリランラーメンを食べて来ました、ピリ辛で玉ネギやニンニクが刻み煮込まれて入っており、チャーシューも醤油味がしみこんでおり、柔らかく美味しかったです。

旅館の海の幸も美味しかったです、露天風呂も何度も入りました、シャンパーニュもビールもたくさん飲みました。

家内よ、楽しかったね、またお気に入りの鴨川へ行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA