[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

経過4)

過去からの間違いのない積み重ねが大切なのは、先刻から書いてきたとおりです。

ウエスタンスピリッツも過去には、何件かのオーディオシステムに遠く追いつけませんでした、そのシステムとはウエスタンスピリッツとスピーカーシステムがとても似ていましたので、ショックを受け悔しかったのです。

しかし、色々参考にしようと通った何回目かに、今まで凄いと思っていたそのシステムが色褪せ、自分のシステムの音が勝っている事に気がついたのです。

勝っていると言うより、ウエスタンスピリッツのシステムの音は、いかなるジャンルやレーベルを聞いても違和感がないのです。

理由を考えました、それまではアンプがしっかりしてないからだと思っていました、凄いと思ったシステムはガレージメーカーの高価な真空管アンプだったのです、でも違うのです、少しずつおこなって来た日々の音質改善は、それらが積み重なり、いつの間にか音は遥か先を行ってたのです。

このような経緯があるのでウエスタンスピリッツは、独特ともとれる音質改善になったのですが、これが総てとは申しませんが、方法と順序さえ間違いなく行えば、かなりの確率で音は良くなると推測出来ます。

何時も書いて来ましたが、オーディオ機材は余程特殊でもない限り、かなりの完成度です、それを使える環境が整っていなければ、いかなる優れた機材もその性能を発揮させる事は出来ないのです。

私の音質改善とは、機材のスペックを最大限引き出す方法なのです、好みの音に作るなどもってのほかですし、人それぞれなど本当はないのです。

本当の事を書きます、音に好みなど存在しません、録られた音を違和感なく鳴らす、これ以外に考えられません。

しかし、オーディオ評論家でさえ「好みの音にシステムを持って行くしかない」などと言ってる始末、あまり信用しない方が良いみたいです。

オーディオは魑魅魍魎の世界です、早く本質に到達した者の勝利です、オーディオは下克上の世界、いい音を鳴らした人の勝利です。

経過の中でそれを知りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA