[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

スイッチクラフトの端子

暫く姫路の事を書いて来ました、そろそろ普段の日常に戻り、色々書いていきます。

個人的にスイッチクラフトの端子が好きです、理由は音が良いのと、何より食い付きが良いからです。

国産の端子はガバガバで接触不良が多いのです。

WBTやノイトリック、国産の高級品など実に沢山の端子を使って来ましたが、端子でかなり音が変わるのです。

一時のスイッチクラフトの端子は、プラス(ホット)側が僅かに短く少し細かった事があり、接点不良が多かったのですが、今のものは接点不良は皆無になりました。

同じスイッチクラフトの端子でも接点が金メッキのものは、あまり音がパッとしません、やはり総てがシルバー色の方が、何度聞いても音はしっかりしています。

スイッチクラフトはホットとグランドが近いので、作る時に半田付けに戸惑いますが、しっかり作る事が出来たら、優れた端子です。

日本製のWBTを作っている会社の端子は、肝心なところ(グランド)が薄くなっている為、音がペタペタしていてあまり良い音とは言えません。

スイッチクラフトの端子はよく見ると、肝心なところがしっかりしています。

無半田の端子も存在しますが、接点不良やエネルギーロスも多く、かしめが甘いためケーブル本体が抜けてしまうなど、私はあまり良いとは思いません、ネジをしめた後、半田付けしてみても、音も明るく飛び跳ねたようにうるさく品がなく好みではありません、無半田以前の問題です。

やはり半田で留める方がエージングに時間はかかりますが、音は優れています。

その半田自体も当然選ばなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です