[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

トーンアームの調整

どんなに優れた名機をご使用になったとしても、トーンアームの調整がドンピシャ決まってないと、優れたアナログ再生は出来ないのです。

どこに伺って聞かせていただいても、なかなか優れたアナログは聞けません。

トーンアームを観察してみると、どれもトーンアームの調整が決まっていないのです。

トーンアームやカートリッヂは、何を使っているのかも確かに大切ですが、それ以前のお話しです。

先ずは針圧が大切です、しっかりゼロバランスをとり、デジタル表示の正確で細やかな針圧計を使い、針圧を正確にかけ、ラテラルバランスやインサイドフォースキャンセラーをしっかりと合わせなければなりません。

これが一番難しいのですが、針圧をかけてレコードに針をのせた状態に於いて、トーンアームが絶対水平である事が良い音を鳴らす条件なのです。

トーンアームに付いているアバウトな針圧のメモリは信用出来ません、しっかりした針圧計を使わなければなりません。

先ほどお話しした、トーンアームの絶対水平とはとても難しく、絶対に特殊な重量盤レコードで合わせてはいけません。

普通の厚さのレコードで合わせて下さい、何故かと申しますと、重量盤のような厚さのレコードしかお持ちでなければ良いのですが、分厚いレコードで合わせてしまうと、普通の厚さのレコードをかけた時に高さが合わなくなってしまうからです。

慣れた私でもトーンアームの水平はなかなか合わせる事が出来ないのです。

何を使ってるかよりも、いかに努力してトーンアームを調整しているかが問題なのです。

針圧も針圧計の小数点以下の僅かな差でも音はとても変化します、ゼロバランスがとれてないとインサイドフォースキャンセラーもずれる事になり、皆さん結構アバウトに調整されているから、なかなかCDに勝てないのです。

ウエスタンスピリッツでは、CDはハイエンドを購入した今でも、アナログに遠く及びません。

ウエスタンスピリッツのアナログは、音は真ん中で鳴って聞こえますが、スピーカーを無視するかの如く外側まで軽々と広がります。

とても開放的な鳴り方をします。

まだまだではありますが、はったりのないどうどうとした音なのです。

このように鳴らす為には、トーンアームの調整以外にありません。

そしてたまにはハケでトーンアームに乗ったほこりを払って、再度針圧を一から調整します。

私のトーンアームはSAECのWE‐308Nです、とても調整し辛く敏感なトーンアームですが、決まると凄まじく音が良いと思います。

カートリッヂはオルトフォンCadenza BLUEです、カンチレバーがルビーになっており、エネルギーロスは極めて低いのです。

どこかSPUを彷彿させるところがありますが、情報量が桁外れです。

これを最大限鳴らしたくてトーンアームの調整を追い込んだのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA