[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

メリット デメリット

必ず隣り合わせに存在します、オーディオを深く追求し考えていると、シールドは必要か必要でないか、この壁に突き当たります。

シールドを施すとケーブルでもトランスでも音は静かで穏やかになります。

しかしその反面、鮮やかさや鮮度は落ちます、私は個人的にラインケーブルには シールドをした方がいいと思います。

電源ケーブルやスピーカーケーブルは、シールドしない方が良いです。

何度も色々なパターンで作り聞いてみてそう思います。

シールドなしのラインケーブルは確かに鮮やかな音です、しかし音は粗く薄く明るすぎて低音がかなり減衰して聞こえるのです、そのため少しボケたビンテージオーディオを上手く鳴らす策でもあります。

またそれが鮮度抜群に聞こえてしまうのです、私もその一人でした、お客様に指摘され初めて気がつきました。

システムにバランスすればそれでいい、これでは真実は炙り出せません、なので私はシステムの鳴り方をまともにしたかったのです、これが原因となりCDやマルチシステムを総入れ替えしたのです。

明らかに駄目なものをいいとは私には言えません、おかしなケーブルを繋いでバランスしたならば、そのシステムの鳴り方に不備があるからで、数年後、誰かに指摘をされて気付く事になるはずです。

何にでもメリット デメリットはありますが、そんなに簡単なものではありません、何故間違えるのでしょうか?自由な趣味だからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA