[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ブランド思考を消せ

メーカー製品とは、まず売れなければならないのです、いくら音が良くても格好良くて売れなければならない、売れないものを作る設計者は会社に必要ないのです。

私がお付き合いさせて頂いてるアンプの製作者はこう話しました「メーカーにいると色んな部品メーカーと繋がり、他のいいものを作ってる会社の部品は使えない」こう話しました「回路も好きなものを作れない」のだそうです。

なので退職した今は、好きなものを好きなところから仕入れて、好きなように自分が良いと思った回路設計で拘ったアンプが作れると言います。

その方の作るアンプの音に個性もはったりもありません、ただ録音されたありのままを色付けなく再生してくれる。

聞いて直ぐに分かるのは、とにかく歪みがない事、嘘臭い躍動感とか、狂った帯域バランスにならない、しかし使う側のスピーカーが余程整ってないとつまらない音になってしまうと思います。

メーカーのものはやはり作った方独特な音や帯域バランスがあります。

予算もあり売り値が高い割に大した部品を使っていないようです。

それが心底分かったので、私は去年マルチシステムを総て依頼したのです、結果は大正解でした。

私はもうメーカー製のアンプは使わないと思います。

ブランド思考ではないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です