[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

JBL

私はこう思う、五十歩百歩の毒にも薬にもならないブログならば呟く必要はない、みなさんもっと音を知り、センスを磨いて欲しい。

何故、音が良く鳴らないのか、みんな苦しんでいる、そして熱くならないまでも色々試している。

色々聞いてきた、好きか嫌いか分からないが、やはり現代でもJBLはトップに君臨していると私は思う。

どだい小さなスピーカーでは、ずっと38センチの音を聞いてきた私にはどうしても満足出来ない。

お店に行ってたくさん聞かせてもらっても、やはりJBLのホーンタイプのスピーカーはエッヂがたち、聞いていて中音域がクッキリしていて聞きやすいと感じる。

昨今のトールボーイのスピーカーは、レスポンスと言う意味に於いては確かに優れている。

しかし、全体的に音が薄い優等生、そこが気に入らない、中抜けで上下だけ強く聞こえる、多分、この様なスピーカーでは、録音すらまともに出来ないと私は思う、ただ売れさえすればそれで良いのか?

やはり、ダブルウーハーかシングルにするか、ここが選びどころである、私は個人的にシングルウーハーが好きである、鳴らしやすく、音が被らないので素直に低い方へ伸びた低音が聞けるからである、お店で聞いたのと自宅へ据えた時の音はまるで違うのである、私はそれが言いたくてこのブログを立ち上げた。

ダブルウーハーはどうしても被って、もわっとした嫌らしい音になる。

そして、口径が小さいシングルウーハーは、30センチくらいからあり、やはり素直で聞きやすいと思う。

少し付帯音があるため、低音が柔らかいのである、ユニットも少ないので、位相もあわせやすい。

私は現代のスピーカーシステムの中で、シングルウーハーならばJBLの4429(昔評判だった4425の流れをくむ、更に進化していた)を選ぶ、ダブルウーハーならばJBLのS3900を選ぶだろう。

S4700や4367WXは間違いなく音が良かったが、重さと値段がちょっと問題ありと感じる。

独断と偏見で書いたが、長く飽きずに聞けるスピーカーはこれしかなかった。

やはりJBL、アルテック、今はなくなったがコーラルは楽器本来の音を再生すると私は思う。

小さなスピーカーシステムも悪くないが、やはり大型のウーハーを軸としたJBLは聞いていて充実感がある。

ずっと書いてきたように、JBLを鳴らすのは並大抵ではない、買って簡単に設置して、はいっ!!終わり、とはいかない、やはり鳴らす努力が必要である。

JBLとはそんな魅力を今でも秘めているが、やはりピカイチだと思う。

いくら会社の母体が変わってもそれは健在だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA