[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

CTとMRIの検査結果

私は子供の頃から、身体が弱い割に無鉄砲だった、そして正直、身体を大切にしてきた人生とは言い難い。

左手平の痺れが一年経っても治らないので、主治医に伺ってみた「頸椎が原因かもしれないのでMRI検査をしましょう」との事だった。

そして夏からずっと鼻水と痰が止まらない、そちらも伺ってみると「肺を疑ってみましょう、こちらはCT検査をしましょう」との事だった。

何にもなければオーケー、転ばぬ先の杖である、本日、検査の結果を主治医に伺って来た。

肺の方は長年煙草を吸って来たので、肺気腫が少しあるが、癌とかその他危険なものは何もなかった、正直ホットした。

続いて頸椎の方だが、やはり加齢と共に狭窄症により圧迫された椎間板が飛び出し、神経を圧迫してる映像がハッキリ映っていた。

左手の指の内側が痺れているはのは疑いようもない事実。

これで医学的にハッキリしたので、来週から整形外科に通う事になった。

大した事なくて良かった、と主治医が仰っていた。

話は変わるが、今夫婦で、オーディオラックをもっとセンスよくシンプルにしよう、と考えているので、ある程度の(板や柱の実寸)の考えがまとまって来た。

なのでホームセンターへ行き、角材と板のサイズを見てきた。

もう歳なので、少し一枚一枚が軽くなり、音質は今の上をいく方向で考えている。

ノイズカットトランスの設置場所や、その距離や高周波対策や色々あり、板取と作り方を考えながら見てきた、けっこうな板があった。

当然、電源ケーブルやまだまだ吟味は色々あるが、間違いなく選ばなくてはならない。

今までなんども失敗を重ねて来た、しかしもう妥協は嫌である。

何とか11月中には完成させたい、私は気が短く、あまり根気のある知的な人間ではない。

今回横型のラックを複数作り、重ねていく手法をとりたい、もし失敗してもそこだけ作り直せばいい。

安易ではあるがこれが、一番失敗が少ない、そう考えた。

しかし今の私の体力で、この総ての板を三階まで運べるのか?間違いなく1tは軽くある。

でも今回、肺が何ともなくて良かった…

ウエスタンスピリッツはこれにより、ブログは続けるが、暫くリスニングルームを閉鎖します。

ご理解願いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA