[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ノイズカットトランス

今までも何度か書いてきた、少し前にコメントに質問が来た「ノイズカットトランスを繋ぎすぎると音がボケませんか?」そうとも言える、ノイズカットトランスとは本来ノイズを減らす為に繋ぐ。

しかし私はそうでない、トランスを繋いだ音質が好きなのだ、これは徹底的に単独で全部の機材に繋げてみて分かった事。

ここまでシステムが極限まで鳴って来ると、システムが敏感になってきて、何をやっても変化が大きいのである、そして経験を積んでなれてるので失敗が少なくなるのである、シンプルになっているので、おかしなところはピンポイントで見付ける事が出来る。

確かにノイズカットトランスを繋ぐと、音の鮮度が落ちるのと多少音がボケる、これは確かである。

しかし外してみると、薄っぺらく軽くなり聞いていられないのである、一旦総てのノイズカットトランスを外した事も何度もある。

極端な事をしないとその差が分からないからである、その時は油絵が水彩画になったように明るくクリアーに感じたがそれは違う、軽く安っぽく感じるのである。

一つずつノイズカットトランスを増やしていくと、音はしっかりして濃厚で重心の低い好みの音の方向になって行くのである。

何度も試したが、私はノイズカットトランスを繋いだ音の方向が好きなのだ。

個人的にノイズをとる為ではなく、好きな音の方向なのである。

しかし、この方法は総てのオーディオシステムに、いい結果をもたらすわけではないと思う。

特に我がJBLはアルテックやウエスタンに比べ、中音域が薄く明るくうるさい、その為の解決策でもあり、独特なやり方とも言えるだろう。

我が家のシステムにはトータル的な音づくりの一端で、ノイズカットトランスは繋がらなければ、ウエスタンスピリッツサウンドにならないのである。

カレーに例えよう、最後にチョコレートをひとかけら入れると、カレーの味に旨味が出る、つまり最後の隠し味のようなものである。

それにしても、個人的にはまだまだだが、もう普通のレベルはとうに超えてしまった、総てを妥協なく丁寧に終えたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA