[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

適正価格

ウエスタンスピリッツはこれにこだわった、ご理解いただけなければそれまでであるが、少しお付き合い下さい。

以上でも以下でもない、ウエスタンスピリッツのオーディオケーブルは、成功と失敗を繰り返した、いまでも成功とは言えない、しかしこれが研究であり、開発費である。

そして0.12mm単線の音が優れてる(単線の中では)事を発見し、それを108本束ねたリッツ線の音が優れてる事を発見した。

しかし、このリッツ線をプラスマイナスに使ってケーブルを作っても音はよくならないのである。

腰砕けで軽く明るく安っぽい普通のオーディオケーブルになってしまう。

理由は絹糸外被をプラスマイナスを合わせたとき、互いを強く巻けないため、電磁誘導が強く起こり、素線の中心のインピーダンスが高くなる為と思われる。

そしてプラスマイナス共にシールドを施しても音はよくならない。

シールドはプラスにだけ施し、エンドに繋がるギリギリのところでカットする、そしてマイナスの素線は、1.6mm単線一本が優れていると炙り出した、これをあわせて絶対平行に絹糸外被を巻きつけ作る、これがラインケーブルとなった。

今は販売も製造もしていない、またモニター応募も募っていない、肝心な左手の平の痺れがあるるからで、それはもう慣れたがものには順序がある、しっかり頭をまとめて来年から作り出そうと思っている。

ラインケーブルは一メートルLRペアで四万円消費税込み、スピーカーケーブルは二メートルLRペアで四万円消費税込みである。

何も購入しなくて構わない、ただ一度聞いてみたいで結構。

ある程度の数がまとまり次第、このブログで公開する、高いと思われるかも知れないが、適正価格だと思う。

作り方や検証の仕方、またはリッツ線の外被等ある程度しかブログで公開はしない、何故か?これはブログだからであり、中には初心者も多数含まれるからである。

分からない方と論ずるつもりもない、ご自分の連絡先もお伝え頂けない、そんな方とお話ししても無駄と思う。

世の中には総てオーケーなものなど何処にもない、私のシステムをトータルで聞かないと分からない事である。

「世直しでもしたいのか?」私の考えに合わない人に読んで欲しくないのである、たかがブログ、されどブログである。

こんな事で、いちいち目くじらたてないで欲しい、嫌ならば読まなければ良いのである、ご賛同いただけるファンも多いのである。

書かないだけで検証はしっかりしている、検証の仕方など誰も求めていない、読んだら分かるだろう、読解力もないのに訳の分からない事をコメントしてほしくない、大笑いである。

私のブレーンはみんなあなたのコメントを見せると、一言「ほうっておけ」と言っている。

そんな程度のものであるが、ウエスタンスピリッツのケーブルの音がいいのは何故でしょう?

ウエスタンスピリッツのケーブルは適正価格だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です