[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

JBLをもっと語ってみたい






私のスピーカーシステムはJBLの4560BKオリジナルを軸として、私の独特な感で徹底的に選んできたものであります、私は過去JBLのユニットを多分全種類使用しました。

ウーハーは130Aです、どこにでもあるありふれたもので、フイックスドでも何でもありません、8Ωのものです、実は私は130Aをまともに使っている筈はないですが、これは訳があり、ブログに書くわけにはいきません、でもそれをやるとまるで違う鳴り方になるのですが、書けなくて非常に残念です。

ドライバーも当たり前のLE-85で別に特別なものではない、けれどドライバーのうら蓋に写真にあるように約一センチ厚のニードルフェルトを貼って抑振をしている、ダイアフラムは写真にあるUSAラジアンのアルミの振動板である、オリジナルと比べてレスポンスが良く、高い周波数でもインピーダンスの暴れが極めて少ないと聞き比べて判断したからに過ぎない、しかし、普通端子からの配線はオリジナルを使用しているのに対し、私はウエスタンのケーブルでアクセントをつけチューニングしている、プラスに0.8ミリ単線、マイナスに約1.3ミリ(16GA)単線を繋いでいる、スリーウェイなので、ドライバーだけが、位相は反対になるので、当然逆に繋いでいる訳だ、しかもである、普通はプラスのネジにケーブルをからげてネジをしめてオリジナルのままに繋いでいる、私から言わせていただければ、それがいけないと言う事です、ネジでしめただけのドライバーの音は明るく跳び跳ねたうるさいJBL独特の音になる事が分かった、なので写真にある通りダイアフラムのリード線に直にスピーカーケーブルをしっかりからげてこだわった半田で留めてある、かなり難易度の高い危険な作業です、そして、その端子自体がフラフラしないように、オリジナルネジもしっかり留めてある訳です、難易度はありますが、ご自分の責任においてやってみて下さい、その効果は絶大で、私の人生をかけてもかまわない、貴方のネットワークさえしっかり決まっていたら、ウエスタン594の様な渋い音になります、マルチでは無理です。

次にホーンです、私はJBLやアルテックのホーンがシャラシャラした音なので嫌いです、数十本色々試し聞きましたが、なかなか気に入ったのが見つからず、コーラルのAH-500を知り合いに薦められ購入した結果、一発で気に入り使っています、ホーンはかなり大切です、本当はウエスタンのストレートホーンが一番優れた音ですが、我が家は距離がとれず、バランスがさせられませんでした。

ツィーターは本当に昔から色々試しましたが、今はコーラルのH-105で下を5000Hzでカットして使用しています。

JBLオリジナルファンの方にはそんなものJBLじゃねぇじゃねぇか!とお叱りをうけるかもしれませんが、これが私のスピーカーシステムです。

そして、そのスピーカーシステムの各々のユニットをしっかり動作させているのが、自作のスリーウェイLCネットワークです、私はマイナス12dBで切ってはいません、今はマイナス6dBカットです。

マイナス12dBカットの回路は、マイナスに電気エネルギーを捨てる事になるので、シンプルなマイナス6dBカットにして、私は上手くバランスしました、アッテネーターはR1R2で決める固定抵抗です。

このような感じで鳴らしています、私はまだまだ不満ですが、オールホーンシステムとしては、実はかなりの音です。

どんな音か、柔らかさと鋭さを兼ね備えています、全くうるさくなく録音の差をハッキリ再生します、先ず二本のスピーカーからあまり音がしません、どこで鳴っているかあまり分からない音で、各々のユニットが主張しません、そして音像が濃いです、低域が引き締まっているのは書くまでもありません。

普通ホーンスピーカーはホーンから明らかにラッパの音がします、それがこのシステムは極めて少ないのです、けれどラッパの音はちゃんと吹っ飛んできます。

ツィーターの音も普通は明らかにツィーターが鳴っている感じがしますが、このシステムは中域のホーンの所から音がします、これは多分上手く繋がってる証拠だと私は思っています。

ですから色々語りましたが、多分、一般的なあるレベルはとうに越えていると思っています。

普通JBLはどうやっても特にドライバーがうるさくそこの音がどうしても薄いので、ウエスタンエレクトリックを継承しながらもウエスタンの様な圧倒的な音の密度はないのですが、このシステムはかなりウエスタンに近いのです、しかしウエスタンと違いレンジは広いです。

でも、今に満足せずに私はまだまだ更に遥か先に行きたいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA