[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ハイエンド

確かに最近のオーディオ機材(ハイエンド)は目を疑う程高額になって来ました。

しかし本当に音は良くなったのでしょうか?私の答えはノーです、ただスピーカーが縦に長く伸びただけ…

そして訳の分からないデザイナーが絡んだだけ。

だから私は、どんなに時代が進んだ今でも、自分が購入出来た(ハイエンド)今でさえ、その難しさを忘れてはいません。

別にハイエンドでなくても良いと思う、また高価なハイエンドを購入しようと努力するのもいい。

しかし安価な機材から色々工夫賛嘆して世間が驚くような音を鳴らす、これが真のオーディオである気もする、これを理解出来る方がハイエンドを購入したらもっと素晴らしいと個人的に思う。

これがウエスタンスピリッツの原点なのです。

別にハイエンドなど必要ない、私は本気でそう思っている。

オーディオはお金が総てではない、これだけは確かであるが、やはり高価なものはそれなりの理由がある。

聞いた者が明日の活力を見いだし、思わず酒を飲みたくなるような音でなくてはならない、私はこう思う、生と比較してどうこうはあくまで基準である。

イシノラボの特注マルチシステムは私にそれを教えてくれた気がする、躍動感やその他もろもろは録音されたソフトに入っている、 ならば色付けなくそのまま鳴らせばよいと。

オーディオはあまり余計な事をせず、床や機材の下をしっかりさせ、ユニットの位置をしっかり妥協なく合わせ、左右のスピーカーの置き方の加減で鳴らすのが一番だと個人的に思う。

しかし、理解されてる方がとても少なく、これが一番困難なのです。

そこにハイエンドが繋がれば更にグッドではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA