[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

上尾のOさん宅へ

Oさんは去年、ずっと使ってこられたB&W MATRIX802S3が壊れたので手放され、JBL S3900に買い換えられた。

その時にイシノラボのMCトランスの注文をされていた、お互い色々ありその納品が半年後の昨日になった。

例の如く我が家の近くに開通した外環道をリオン(愛車のPeugeot308GTLINE)で走り行ってきた、今までより明らかに一時間は早く到着した、やはり今回も外環道は快適そのものだった。

早すぎるのでOさんの家のそばのガソリンスタンドで、給油と洗車をお願いした、何時もながらここのスタンドは皆さん元気がいい。

久し振りでお会いしたOさんは、すこぶる明るいお顔で元気そうでした。

早速、引き取り品を車に積み込み、持参したMCトランスを繋いだ、ところが右チャンネルからノイズが出て、そちらから音が出ない。

MCトランスを外しピックアップケーブルをじかにプリへ繋いでみた、両チャンネル音が出た。

となればプリは問題ない、持参したケーブルの差込が甘いか、MCトランスが問題となる、焦らずもう一度、結線し直した。

今度はちゃんと両チャンネル鳴った、これを確認して、食事に行った、何時もの普通のラーメン屋さんだった、この様な普通の透き通ったサッパリした、醤油ラーメンが食べたかった、やはり普通に美味しかった。

そして、家内は我々を車から下ろし、終わるまで遊びに行った。

Oさんと二人色々聞いてオーディオ談義をした、三時半になったのでお暇したが、別れ際Oさんは家内に、とても音が良くなったと喜んで話してくれたらしい。

結局オーディオ屋はこれが一番幸せな時なのだ。

凄く嬉しかった、やはりプリに内蔵されたのとは、距離が出来る為違うのかな?私もそう思った。

そして、何と言っても去年購入されたJBL S3900の音が随分こなれていたのに驚いた。

鳴らす時間が減ったとは言え、随分しっかりした音だった。

我が家の4560BKが霞む事はないが、あのように低い音階は我が家では鳴らない。

やはり時代は進んでいるのである、耳に絡まない端正な鳴り方である。

Oさんは初めはJBLの音に疑問を持っていたらしいが、今は全く不満がないと話していたのが印象的だった。

二本のスピーカーのセッティングは、かなり追い込まれていたが、まだまだこれから更に変化するので、楽しみなシステムである。

感動すらしました。

Oさんありがとうございます、今後ともウエスタンスピリッツを宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA