[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

電源ケーブル

最近ネットオークションでたくさん出品されている、説明には驚きの解像度とか怒涛の低音等と書かれている。

しかし本当だろうか、ネットオークションに限らずたくさんのケーブルを購入して聞いてみた、その結果総て???と言う感じである。

驚きの解像度なら何故売りにだすのだろうか?「聞いてみてあまり良くないから出品しているな」私なら良かったら絶対に売らない、黙って自分で使用する。

RCAピンケーブル、XLRケーブル、スピーカーケーブル、みな太過ぎて端子ごと持っていかれそうなものばかり、凄い太さと重量があるので、さぞや良い音がするかと思いきや、みんな音が軽くボケている、と言うより音がうるさい聞いてみて落胆した。

エージングなのかと思い、数日聞いていてもあまり変わらない、 ウエスタンスピリッツはプラスマイナスに1.6ミリ単線に絹糸を巻きつけて、平行を保たせながらハーネスして作ったものを電源ケーブルとしている(販売はしていない)、ハーネスさえしていない箇所もある。

スピーカーケーブルは、ピンケーブルと同じ、プラスだけリッツ線でマイナス側は1.6ミリ単線一本で平行を保たせながら、やはりハーネスしてスピーカーケーブルとしている、シールドは一切なしである、スピーカーケーブルも電源ケーブルもシールドすると音に自由さがなくなり、詰まったような音になるからである。

何度も試したが、ウエスタンスピリッツにおいては、上記の作り方が一番音が良い、でも色々な作り方があるので答えは何処にもない。

一言、電源ケーブルは多少電圧もかかりますが、流れるのは電流です、周波数は関東は50ヘルツで関西は60ヘルツです。

アンプや他の機材のトランス二次側からならば音に関係しますが、その前の電源ケーブルならば1.6ミリ単線が相応と思います。

しかしこの事について、どなたとも論ずるつもりはない。

センスのない方といくら語っても、時間の無駄である、わかる方には分かるそれでいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA