[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ジャズ・オブ・ザ80’s オーレックス・ジャズ・フェスティバル80’ライヴ




私の好きなジャズアルバムの一つです、ジャズと言うよりは、フュージョンみたいな感じです。

オーレックスジャズフェスティバルはどれも粒揃いですが、このレコードは、ベースがアルフォンソ・ジョンソンでエレキベースですが、そこにロベンフォードのギターが入っていて、切れの良いギターが聞けます。ジョーファレルはテナーサックスとフルートを弾いています。

シンセはジョージデュークでフレディーハバードがトランペットで冒頭から突き抜けた演奏を聞け、ジョーヘンダーソンがテナーサックスで、ランディーブレッカーがトランペット、マイケルブレッカーがテナーサックスで、ピーターアースキンがドラムです。

80年当事、いくら景気が良かったとは言え、これだけのミュージシャンをまとめて呼べるのは凄い事だったと思います。

普段からフィーリングでやってる彼らが、これだけ集まれば、良い演奏が出来ない筈がありません。

フレディーハバードやジョーベンダーソン辺りがしっかり舵取りをしているのだと思います。

ウッドベースと違いあまり低い音は入ってはいませんが、それが全体的に引き締まった現代的なジャズを描いています。

全体的にスッキリしていて、スピード感と空気感があります、好き嫌いはあるでしょうが、A面B面通して聞きやすいですが、やはり個人的に最後に入ってるホーム・ストレッチのバスドラが低いところ迄入っている事とジョージデュークのシンセとロベンフォードのギターにしびれます。

ご自宅にあれば一度針を落としてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA