[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ブロック&溝板(ドブ板)

若い頃アナログプレーヤーやスピーカーの下に敷いて使っていた、音がカンカンしていて変な響きが付いて、音は薄く品がない。

そして金属やウッドブロックも試してみた、ウッドブロックは楓のものがクラシックにはいいが、他に優れた銘木もある。

話は戻るが、とにかくコンクリートをプレーヤーやスピーカーの下に敷くのはいただけない、圧倒的な質量と重量は確かにあるが、音は変な響きが付いて宜しくないのです。

その頃のプレーヤーはマイクロのRX‐5000&RY‐5500にSAECのWE‐506/30を取り付け糸やベルトドライブで聞いていました。

あまり上手く鳴らなかったのは、多分、床が畳でその上にドブ板やブロックを積み上げ聞いていたからだと思います。

名機だとかそんな事以前のお話ですね、総ては私本人の使いこなしの問題だったと思います。

しかしこの機種もろくに使いこなせず、結局手離してしまいました。

ウッドブロックやドブ板の響きが悪いとか言っておきながら、当時の私は経験もセンスもなく使いこなす事は出来なかったと言う事です。

しかし今ははっきり言えます、使い所ではなく、やはりコンクリートの台では響きは自然でないと思います。

総ての音が鳴り切らず、粗く薄くうるさいのです、つまり品のない貧乏くさい音でした。

質量があるので確かに鳴かないのですが、ボリュームを上げて行くと鳴き始めます、そうなるとボリュームを絞るしかなくなります。

コンクリートブロックやドブ板を敷くのはやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA