[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

十年ぶりに揃ったJBL。

この話しはすべて、今から二年前の話です。
私は、ホーンシステム、特にJBLの4560が大好きだ。
なんとも神秘的でお世辞にもかっこいいとは言いがたい、良い音が出そうもないその佇まいだ。
聞いてみても全く上手く鳴らない。
ヨシッ!これからだ絶対鳴らすぞ。
私は先ず電源から疑ってかかった、プレーカーを落とし配電盤の中をみた、端子も電線もけっこう錆びている、端子からケーブルを外し引き出してみた、30cm位余裕がある、借りてる部屋で失礼ながら、古い電線を少し余計に切断し、傷がつかないようにワイアーストリッパーでむき出し、更にマイクロコンパウンドで何度も磨き、最後にケイグの接点復活剤で仕上げた。笑わないでくれ、これは物凄い音の変わりようだった。
高域が綺麗に高いところまでうるさくなくのびて、中域は滑らかになり、低域はしまり、やはり下が明らかに伸びた、それまで低域はボコボコでまるでジュークボックスの様な音がしていた。
その時他の関係ない回路もすべて同様に行ったのは話すまでもないだろう。
それは何故か?
オーディオは交流なので、電気がマイナスに落ちる最後の最後が肝心だからである。
つまりはエネルギーロスの減少に繋がるからだ。
プラスエネルギーはマイナスエネルギーを食べてパワーアップしている、それがヒントになった。
そしてめんどくさいが部屋のコンセント、ここも実は私はアホみたいにやった、世間で評判のホスピタルグレードをYカメラでほとんど購入しておき、パーツ屋さんでMこう社のも買ってあった。
先ずはホスピタルグレードを繋げた、なんとも暗く艶のない遊び心のない音だった、この値段でこの音?そのまま一晩中鳴らしっぱなしにしておいた。
次の日になり聞いてみたが少しこなれてはいるが答えは同じ、自由さがない、面白味が全くない。
何日かに分けて総て繋いだがホスピタルグレードはみんな同じ印象です。
作りは良く、総てにメッキが施されている。
そして私は半ば冗談半分にMこう社の端子を付けてみた、聞いた瞬間に決定、音が温かい、何でだろう…考えてみた、ホスピタルグレードは医療の為のコンセントだ、さまざまな薬品にも強く安易に抜けない様に作られているのだろう、音の為ではないのだ、それに対しMこう社のコンセントは余計な事をしていないのだ、音の為ではないと思うが、結局はそれが音を良くしているのだと思った。
機材に付いているコンセントの端末端子も全く同様、秋葉原で販売されている普通のメッキを施してないナショナルので充分だと分かった。
これを分からないととても幸せな事になる。
オーディオ端子には余計な事をしない方が良い一例だろう。
まあ雑誌や情報を信用してただ音が変わったと喜んでいるのも楽しいが、音が変わったのと音が良くなったのは全く別のお話ではないだろうか。
またまた笑わないでほしい、全く違う音になった。
これは錯覚ではない。
今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA