[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

なぜ今、ウエスタンの単線なのか

簡単に言えば、私が使用している選ばれたるウエスタンの線は、現代の単線素材にないシャープで暖かく滑らかな音がするからです、普通その音質を兼ね備えた素材は、ないと言っていい。

しかし、数あるたくさんのウエスタンの単線の中から、本当に優れたものを見つけるのはとても大変だった。

単純に短い線を間に入れて検証してみた、そんなものでは、ハッキリ言って音は分からない、もし分かったら拍手喝采です。

素材そのものを、作り方を色々考え実験して作り、ちゃんとしたケーブルになって初めて、その線が持っているキャラクターが他の素材と合わさってわかるものです。

つまりどの線をどの様に、どこにどのくらいの量をどのくらいの長さで使うかで音質が決まります、そして端子や半田も吟味しなくてはならない。

私は日本製のいっけん良さそうな端子のおかげで過去に大失敗したことがあります、なぜ音に品がなくなったのかなかなか分かりませんでしたが、端子と半田でした。

私は、今は個人的にスイッチクラフトのロジュームメッキのタイプが好きです、音に気品とうるささがないからです、ところが、日本製のオーディオ端子は音が汚く品がない、私はそう感じます、何度実験しても同じ結果でした。

一般的に市販されてるウエスタンケーブル、トランスなどから取り出した単線等私はほとんどを、購入して様々な作り方をして検証しています、その結果、殆どの線はまあまあと言った程度でした。

何が違うのか?ですが、音に例えると、ウッドベースの音が、本当に低い音階まで瞬時に沈み込むかどうかですが、実際、試聴してみると、どんな作り方をしても、殆どのウエスタン素材は、あまり宜しくない。

殆どが大した事はないのです、しかし私が使っているウエスタン単線は、瞬時に低い音階まで沈み込み、全体的に音が滑らかです、見つけた時は感動したものです。

他をけなすわけではないですが、世間でウエスタンと言われケーブルを製作販売されてる線は、作り方にもよるのでしょうが、全く良い音しません。

普通のスミチューブやスリーブで被服されていて、音は鈍く、ウエスタンの単線を使っているとは到底思えない偽物です、そもそも一万円でウエスタンケーブルは作れない、訳の分からない安い線をたくさん買ってきて、簡単に作るから安く作れるのでしょうが?ウエスタンスピリッツのオーディオケーブルとはまったく別物です。

ケーブルの音の違いは、繋いで一瞬でわかる程単純な変化ではありません、じっくりと聞いて元のケーブルに戻すと、元に戻れないはずです、そうでなければ借りた人は違う変化を求めている事になります、少しの差にお金をかけるのが、オーディオです、それが積み重なっていくと言うことをご理解いただかなければ、オーディオで音を磨いていくのは、かなり難しいと私は思います。

単純に音質の変化だけでなく、定位や音の広がり、そして品位や低域ののびと引き締まり方が変化するのです。

その変化の伝え方は人によって千差万別ですが、言葉は違えど、話している内容はみんな殆ど同じです。

ただこのブログで、文章により、伝えるのはとても困難です。

先週試聴に来られたお客様も、実際に私の鳴らし方をご理解いただいたようですが、音はほぼブログで書いてる通りで、あまり違和感を感じなかったとのご意見をいただきました。

私のJBLは選ばれたるウエスタン単線素材で支えられ、ネットワークで構築されています、かなり図太く引き締まった低音です、聞いてご覧になっていただければ、どなたにもご理解いただけると思います。

私は他に優れたものがあれば妥協なくそちらを使います、ウエスタンマニアではないので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA