[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

色々改造するのは良いけれど…

個人的にお会いした時に、部屋でだけ話すのならば良いと思う、それを大の大人が、ネットで堂々と語る内容だろうか?私は何度も話している、変わったのと良くなったのとは違うと。

先ず音を知って欲しい、実際に楽器の音や人の声はそんなにクリアーではない、音の出ている方向がアバウトに分かり、ほのぼのとした太らない中域があるだけである。

何故人が作ったものまで壊して、カートリッジを丸裸(スケルトン状態)にしてまで、好評するのか?読んでみてどんなに考えても、とてもではないが素人には出来ない芸当である、鵜呑みにした方は実験してみて壊してしまうだろう。

ボディを取り去り裸にすると、確かに余計な振動や、囲われた事による閉塞的な音はなくなりスッキリするだろうが、マグネットまで露出してしまい、様々な細かい金属を呼び寄せ吸い付けてしまう、家庭にはけっこう金属の粉が存在するのだ、個人で実験して遊んでいるならばいっこうに構わないと思うが、それを、ネットで語られている事に私は危惧する、世の中何でもありとは違う。

私は普段DENONのDL-103を使用しているが、人に良いと言われても、改造をする気はない。

オルトフォンにSPUがある、私も所有している、確かにAシェルやGシェルから本体を外し、裸にしてスペーサーをかませ、普通のヘッドシェルに付けて聞くと、確かに音はかなりクリアーになる、それと同じである、しかし良くなったのとはいささか鳴り方が違う、私は音に違和感を感じる。

Aシェルならばアダプターを付けないと、普通のトーンアームではオーバーハングがとれないので、仕方なくその方法をとらざるをえないが、やはりSPU本来の気品のある音はなくなってしまう。

みなさん、クリアーと明るすぎる音を勘違いしてはいないでしょうか?

かなり優れたシステムでしかDL-103をスケルトンにしても、上手く鳴らないのだそうだ…そんな馬鹿な話しはない、クリアーな音と言うものは、うるさくならずに音の広がりがあり、艶やかで、滑らかな音の事です、何も重箱の隅をつつくような細やかな、神経質な音ではありません、基本の音を理解していないので、変わったのを良いと勘違いしてしまうのです、大体が改造している姿を想像してみると、滑稽です、何をマジになってるのだろうか、それがもし、車ならばどうですか?下手をしたら死にますよ、必要だから付いているのです、単純に考えてみて下さい、メーカーが総て正しい訳ではありませんが、要らないものをメーカーは付けません。

そんな事をする前に、他にも出来ることが山ほどあることを知ってほしい。

改造…確かに一理はあるだろう、でも人に迷惑をかけてはいけない、それとよく考えてもらいたい、スケルトンにすると言う事は、ほぼヘッドシェルにダイレクトに繋がる事になる、ヘッドシェル迄選ばなければならなくなる、貴方は達人か?

私が先に行ったヘッドシェルとカートリッジの制振みたいに、壊さずに手を加え、駄目ならば外して元に復原出来る程度に止めた方が身の為だと私は思う。

自分で作ったものならば何をやろうがかまわないと思う、しかしブランドのある世界の至宝にそんな事をして、ネットで公開するのは私はあまり宜しくないと思う、かなり独特な音になるはずだ。

そうなれば真実は分からず、総てがずれてきて、他の調整も変わって来てしまう、そして上手く鳴るレコードや鳴らないレコードが必ず存在する筈だ、それが一番まずいと私は思う。

その結果、SPUは新しい録音のレコードしか上手く鳴らなくなる、しかもギターの低音弦の音やチェロの音は、こもってボンッ!と前に出てきて聞いていて気持ちが悪い。

いかにプロ用とはいえ、DENON DL-103は、相手がたとえプロでも、スケルトンで放送局に納めてはいない、特殊な音質になる筈だからだ、一般向けではないことになる。

それが私の答えだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA