[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオに疲れたら…

たまには自分のオーディオ常識を、疑ってみる、色々気付く筈だ、冷静になって考えたら、なんの考えもなく何気なくやってきたことは、根底から間違えている事がたくさんある、そこから総てが始まる、しかしたまには…

少なくとも私は常にそうしてきた、成長していく為には、常に今の自分の凝り固まった殻を、少しずつ壊し続けていく事だ。

言い方を変えるならば、柔軟に自分を疑い、そのつまらない殻を破ってみることも、時には必要な事ではないだろうか?私はそう思う。

しかしどうにもこうにも八方塞がりになり、完璧に行き詰まる事がある。

時には人間、撤退する事も大切な時がある、でもそれは、諦める事とは少し違う、確かに前進する為には避けて通れない道もある、しかし出来ないことも人間…時にはある。

いちいち逃げて放り出してはいけないが、勝つために少し休養する事も人生、時には必要、私はたまにそうして生きてきた。

煮詰まったままではろくな考えは浮かばない、オーディオから頭を切り離し、他の事を考えていると、思いもよらぬ発想がわいてくる事もたくさんあるからだ。

自分が完全に砕けてしまう前に、少しだけ休もう、どんな方法でもかまわない、本当に大切なものを失う前に、一度だけ自分を完全に開放してみよう。

私は多分、馬鹿みたいにオーディオにたいし真面目なのだと思う、だから危ないのは自分で分かっていたつもりだった、しかし、今は何ともないが、うつ病っぽくなった事もある、私個人よりその変化に家内が気付いてくれていたようだ、目が虚で言うことは総てマイナス思考、当然夜は全く眠れない、その結果、アルコールを大量に飲む事になる。

しかし、その時は理解してくれているだけで、家内は私に何も言わなかった、ただ気を付けて見ていてくれた、ある程度私のやりたいようにさせてくれた、でも流石に脱線し過ぎると怒られた、その結果入院となった(笑)

理解者がいるのといないのとでは違う、私がそれを知ったのは最近の事である、ありがたかった。

話しは戻るが、また、そこから始めたら良い、私はそう思う。

惨めになる位、総てを捨てて、自分を等身大にしてみよう、そこには本当に小さな自分が見えるだろう、その等身大の自分を認めよう。

でも大丈夫!他の人は、それに気付いた貴方より更に遥かに小さい筈だ、その時、それまでどんなに大きく見えていた人も実はみんな小さかったのが分かる。

人生はツール・ド・フランス(フランスで行われる世界最大の自転車のロードレース)であり、マラソンだ、貴方と同じにみんな苦しいのだ、楽な人間はこの世に一人として存在しない、みんな悩みがある。

でも今に甘んじるな、貴方を待っている人の為に貴方はひととき休んだのだ。

さあ、次に行こう!明日へ行こう、何気なく来る貴方の明日は、昨日、もっと生きたくても、命尽きた人が生きたかった一日なのだ、大切に生きよう。

何も大した事はない、頑張らなくていい、どんなに悪く考えてもなるようにしかならないのだから、今を楽しもう。

オーディオシステムだけでなく時には自分の思考回路を消磁しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA