[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオケーブルについて

話すことは山ほどあるが、私がなんで指に豆を作り、時には体を壊してまでこのケーブルを作るのか?絹巻きケーブルにこだわるのか?をまず話さなければならない。

色々話してきたが、先ずは絹を単線に強く巻くと、単線が固くなり、音が良くなるからだ、柔らかいケーブルからは柔らかいあまい音しか鳴らない、私は色々単線を購入し聞き比べた、その結果音の良いケーブルはどれも固いのが分かった、それだけではないが固さや柔軟性も音質には確かにある。

昔、私にこう話してくれた人がいた、石油系の素材の被覆は音が鈍くセンスがないと、実は教わる前から感じていたが、天然素材の和紙を被覆にしたケーブルも作った事があったが、全く音が駄目だった、あまくスカスカな汚い音だった。

私は気付いていた、和紙はそのものの音は優れているが、強くテンションをかけて巻き付ける事が出来ないからだと、被覆は電線素材と強く密着させなければいけない。

そして、もしも絹糸を強く綺麗に巻き付けてケーブルを作れたら良いのに、そう思っていた、でもそんなこと絶対に出来る筈がない不可能と思って諦めていた。

しかし、それから十年後、それを完璧に可能にした男と私は本当に出会ってしまったのだ、その人が作ったケーブルを自宅に持ってきてもらい、実際に手にとって見た時はあまりの凄さに鳥肌がたった、このケーブルから悪い音が出る筈がないと思った。

みなさん、市販されてる9号の絹糸がどれだけ細いか、ご存じだろうか?私も今はそれより更に細い絹糸でも強く綺麗に巻き付けられる様になったが、その時は出てきた音と共にもの凄く驚いた。

低音のでかたと、その量と、楽器各々の分離の良さと、楽器本来の音がしたからだ、そして太い音なのに音像がいっさい膨らまない、そして芯があった。

これが理解出来るだろうか?0.3ミリの単線に力強く絹糸を強く巻き付けてあった、しかも力強く絹糸を巻き付けた線をどんなにタオルで掴み強くしごいても単線は少しのびるが、いったん巻き付けた絹糸は下の単線がのぞく事は皆無なのである、脅威的だった、今の私の絹巻き線はもっと強い。

なぜそこまでしなけれはならないのか?聞いた、それはシールドをしなければならないからだ、シールドをしてそのシールドを更に絹を巻いた線にぴったり密着させる為にシールドを強くしごかなければ、良い音のケーブルにならないのだ、だから下地をしっかり巻く。

今の私のケーブルの作り方は正にその方法だが、単線と、より線を使い分けている、今の音のケーブルを作るのに、かなり粘着質なこの私でも、約20年はかかっている。

もの凄く絹糸を強く巻き付ける為に、指にはいつもまめが出来ては潰れる、常にその状態なのだ、だから本当は私にやすやすとケーブルの話をして欲しくはないのだ。

そのほうが音が良いと聞けば、私は自分なりに、自分の作り方で真似をしてみる、しかし殆どやってみたが良いと思うものは全くなかった、和紙と絹と綿の糸をミックスさせて被覆をしてみたが、私は、絹糸を強く巻き付ける以外に音を良くする方法はいまだみつからない、みんな単線の音だけを検証している、その方法では未来永劫音の良い線にめぐりあう事はないだろう、それは何故か?先ずは上手に絹糸を強く巻き付けられる事が条件だからだ、そしてケーブルになった時にはじめて、その線の持ち味が分かるものなのだ、そしてプラスとマイナスの線の太さの比率やそれらをどの様に合わせるのかなのである、普通の人が思い付く総てを私はやりつくした、しかしパターンはまだまだある、偶然など絶対にない、総ては過去からの経験でしかないのだ、だからいくらウエスタンの線をたくさん聞いても、出来上がったケーブルとしての音の真価は分からないと言う事になる。

私はプラスの線にだけシールドをかける、なので9号の絹糸の後に更に16号の絹糸をもう一層更に強く巻き付ける、その方が確実にショートしないからだ。

そして、プラスマイナスを平行に保ちなから、その上から更にもう一度絹糸を強く巻き付けるのだ、プラスとマイナスの線が出来るだけ電磁誘導でお互いが反発し、動くのを抑える為だ。

今まで、私が弟子と呼べる人は一人も育たなかった、これからも多分無理だろう。

みんな絹糸を強く綺麗に巻けないのである、多分同じに巻くことは誰にも出来ない。

私は巻く機械も作ってあるが、確かに綺麗には巻けるが、やはり私が手で巻いたような音は出ない、いつも安定して同じものが作れるだけで、ただそれだけの事だ、それならば普通のオーディオメーカーの商品と変わらないので私は機械は使わない。

とにかくウエスタンスピリッツのオーディオケーブルは普通の行程で出来上がっている訳ではない、同じものを作れたと思っているならば、それは貴方の錯覚だ、絶対に作れない。

バイオリンの弦を作っていた方(かなりのベテラン)が私に弟子入りした事があった、彼はある意味私よりも手先は遥かに器用であったが、やっぱり手が痛くて途中で一瞬気が抜けて、その時に下地が透けて私の様に出来ないと二ヶ月で諦めた、始めっから出来る訳がないと私は思ったが、巻いた線を見て私にはすぐに分かるのだ、やっぱり本人は強く巻けてるつもりでも、巻きが甘いのだ、ケーブルを作って聞き比べた時に、作った本人が私のとはぜんぜん違うと認めて、やっぱり出来ませんと諦めたのだ、そんな人が何人も私のところへ修行にきた。

みんなすぐに真似をして作ろうとする、何十人真似をしただろう、全く作れないのだ、大切なのは見た目よりは音なのだ、だからこれは私の天職なのだと思う。

人にはどんなに努力しても、出来る事と出来ない事があるのだ、私はたまたまこれが向いていたのだとしか言いようがない、他の事は総て中途半端だった私が絹巻きケーブルだけはできたのだ。

私はある意味不幸だ、これしか出来ないのだ、他に見当たるのは、私は普通の人よりも行動が少し早い、ただそれだけだ。

私は自分をとことん追い詰める危ない人間だ、だから他の何かと引き換えに、ウエスタンスピリッツのケーブルを完成させたのかも知れない。

振り返ってみると、誰も歩いた事のない道だったが、大好きだからここまでやれたし、今は、それを黙ってさせてくれた家内に感謝しているのだ。

私は止まっている事が嫌いなので、まだ先へ行こうとしている、これ以上やったら、貴方のケーブルはオーディオじゃなくなると忠告してくれた人がいる、しかし、私は止まれない。

私のケーブルを理解し、このケーブルを待ってくれている人がどこかに居てくれるから。

オーディオは総てがケーブルで繋がっている、ならば貴方はケーブルの音を聞いていることになりはしないか?

そう、オーディオはケーブルのしめる割合が大きい、ケーブルで音は大きく変わる。

私のケーブルに似たようなもの(音)は、正直どこにもない、見たら分かる、聞いたらもっと分かる、シンプル イズ ベストである、他に言葉はいらないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA