[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ケーブル作りは本当に大変。

ケーブル作りの作業の中で、これがほとんどであるが、絹糸を強く巻き付けるのがとても難しい、オーディオケーブルは右と左でワンセットであるから、ウエスタンスピリッツのケーブルは細いの太いの合計で八回絹糸を巻き付ける事になる、しかも少しでも中の線が透けていると、直ぐにシールドと繋がりショートしてしまうのである、それでは音質以前に音が出ない。

私のケーブルはブラスにだけシールドをしている、答えは簡単、マイナスにシールドをしても意味がないと思うからである、これに関しては幾度も検証した。

そして、プラスの中線とシールドの距離は、一ミリと離れてはいない、その方が音が良いからである、あまりシールドと離れると音に芯がなくなる。

オーディオケーブル程度の電気容量ならば本来は、矛盾しているが、空気の絶縁体が一番だろうと思う、しかしどう考えても絶対に作れないと分かる、それはなぜか?オーディオケーブルはプラスマイナスの中線同士が互いに反発して、電気の流れとは逆に動こうとする、専門的に話せば電磁誘導である、私は、絹糸を強くプラスマイナスの線に巻き付け束ねる事で、ある程度電磁誘導の影響を抑えている、またその電磁誘導の性質を逆手にとり、私はケーブルを作っている、それ以前に空間に音の良いケーブルを作るのはシールドしたラインでは特に不可能である、プラスマイナスの線を強く束ねる事が出来ないからだ。

なぜウエスタンスピリッツのオーディオケーブルが、他のケーブルに比べ音が違うのかであるが、古く優れたウエスタンの線を使っているからではない、線の素材自体の音の差は極僅かである、何度も話すがやはりその作り方にある、それは絹糸を巻き付けるからでもない、プラスとマイナスの銅線をどう処理してどの様に作り、どんな音にしたいのかである、これが分からないと優れたオーディオケーブルなど絶対に作れないと言う事だ、もう一つ言えば、たくさん作っているうちに偶然に良いものが作れた、なんて絶対にあり得ないと言う事だ。

私は人に作らせるのが大嫌いだ、しかし世間の市販品はどこのケーブルもだいたい出所はほぼ一緒だ、だから何度も話すが音はたいして変わらない。

ではなぜ総て自分一人で作るのか、仕事においてだけ、私は誰も信用していないからだ、かなり器用な人材を集めても、このケーブルだけは絶対に私にしか作れないと分かったからだ。

どの様に作られたのかを総て自分の目で確かめながら、自分の体と一体化して作るのがウエスタンスピリッツのオーディオケーブルだと思うからだ。

私に対して細かい事を言ってくる方もいるが、作れない人の製造に関する意見は私にはなんの参考にもならない、口を出してほしいのは私にとって、自分が作ったケーブルの音だった、もっとこうなって欲しいと音に対するご指摘はたくさんあった、その試聴結果を何回も読み上げ理解すると、全員話していることは同じなのである、しかしその言葉が違うだけなのだ。

そして再生音に対しての真理がある事に、ある程度気が付いた。清く静かで、柔らかく柔軟、滑らかで鋭角、広がりがあって、奥行きがある、再生周波数がひろい、繊細で多彩、引き締まった低い低音、読んで気付かないだろうか?これ全部が総て同じ事なのだ。

簡単に言ってしまうと、柔らかい音は固い音が真に鳴らないと鳴らない、逆も同じこと、しかし本当に鳴った固い音とは絶対に耳に来ないのである、ここからが大切だ、ステレオはスピーカーが二本ある、つまりこれが耳で聞いた時に、違う帯域を受け持つ各々のユニットが、揃ってほぼ同じ動作をしていないと何にも分からない事になる、先ずはそこからである、そうなっていてくれたなら、ウエスタンスピリッツのケーブルの音が総てを再生している事が分かる筈である。

つまり先程書いた色んな音の定義が総て同じ事だと気付く筈である、静かさも広がりも優しさも強さも引き締まった低音も、何かがあまかったり駄目ならば、全部が駄目な筈だ、もっと分かりやすく結論をだそう、優れたオーディオケーブルとは、ケーブルが繋がっていないかのようなケーブルの事だ、ケーブルが主張するようでは良いケーブルとは言えない、でも他のケーブルから繋ぎかえた時に、今まで変な主張のあったのがウエスタンスピリッツケーブルにかえた事により、主張がなくなったとご理解願いたい、主張のないのが私のケーブルの主張だと思う。

私の仕事は貴方に合ったケーブルを作る事ではない、主張しないケーブルを作って差し上げる、私の仕事はそこまでだ、後は貴方次第と言う事になる。

本当に柔らかい音は固さの中からしか出てこない、柔らかさがないと音は広がらない、とうぜん奥行きも繊細さも出ない、引き締まった低音もまた同じと言う事になる。

しかし繋ぐシステムによって全く違う反応をするのも、ウエスタンスピリッツケーブルの特徴である、それは二つと同じシステムがない事を意味する。

オーディオに限らず、総てのものや事柄には真理がある、でも私も含め人は総てを知ることは出来ない、知らないからだ、自分だけの世界にいるからである、自分の壁を常に壊し、いつも色んな事を色んな方向から見つめていたいものだ。

そしてもっとたくさんの真理を私は知りたい。

ケーブルを作っていていつも思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA