[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

リッツ線ラインケーブルその3エージング完了

今回ウエスタンスピリッツが作った、リッツ線ラインケーブルの音は、全帯域にわたり柔らかく一切飽和する事がない、凄いキャパシティーだ。

0.29㎜фを24本でこの結果だ、21.8544である、さて、これを36本で作った音はいったいどうなるのだろう、想像するだけでワクワクする、表皮効果は約1.68倍で断面積は約1.56倍である、みなさんならば分かるだろう。

とにかく今現在歪みがあまり感じられない、音はスピーカーから妥協なくパラリとはがれた、私のスピーカーはJBLですよ、こんな事は今までになかった、とてもワイドレンジだ、超高域も肉厚でクリアーな中域も重低音も軽々と鳴った。

これは不適切な言い方かも知れないが、まるでケーブルがなくなってしまったかのようなのだ、プリとパワーの間に繋いだらどうなるだろう、今までの実験の経緯からかなりの改善が期待できる、一言で素晴らしいと思う。

しかし私はプロ、ここでとまっている事は出来ない。

もう0.29㎜36本のリッツ線ラインケーブルは完成している、前回の24本に対し1.5倍の表皮効果である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA