[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

プリとパワーの間のスピリッツケーブル

先日お客様が来られた時に二人で聞いていて、良いと思っていたプリ、パワー間のリッツ線(28本)の音があまりにもつまらないので、試聴の途中で、従来のウエスタンスピリッツケーブルに戻させていただいた、それから私は楽しくオーディオを聞いている、リッツ線のケーブルはまだ不完全となった事になる。

今リッツ線が繋がっているのは、MCヘッドアンプとプリの間だけである、それだけでも充分リッツ線の効果は感じる事が出来る、今回私が研究したリッツ線ケーブルでは、そこが一番音が良かった、しかしまだ何かがおかしい、もっとクリアーにしたい、これは0.29㎜фの太さではないな、もっと細い線を正確に計算して使ってみよう。

今までになかった細やかさ、鮮やかさや、歪みのない感じは、やはりリッツ線の効果なのだろう。

しかし、ウエスタンスピリッツのケーブルはリッツ線のように、繋ぐ所で音は変化しない。

どこに繋いでも似たような結果になる、しかしリッツ線は我が家では、繋ぐ所で音がかなり違ったのだ。

お客様へお貸ししたリッツ線はどうなのだろう、結果が楽しみだ。

次の日の夜に、お客様から連絡が入った、聞いて一時間位は音に芯がなく、どうしようもない音だったが、一時間を過ぎ三時間聞いていると、高域がうるさいほど出てきたらしい、この結果から、まだまだ変化する事が分かるのと、やはり繋ぐシステムによって全く違う結果が出るのだ。

お客様のシステムと私のシステムは、スピーカーと部屋の広さをのぞき、ほぼ同じなのだ、お客様のスピーカーはB&W MATRIX802で私のシステムはJBL4560を中心に組んだオールホーンシステムだ。

お客様のB&Wは、驚くほどクリアーで、私のスピーカーシステムより遥かに低い低音が、引き締まって鳴っている、部屋は十畳位だろうか、しかし羨ましい事に、床は紫檀なのだ。

システムが部屋の広さにマッチしている気がする、なので今回ご試聴をお願いした次第である。

我が家はJBL4560を軸としながらも部屋は六畳しかないのだ、今広い部屋を新築中であるが、これ以上、今の部屋でのリッツ線ケーブル実験は危険と感じた。

そして先日、詳しい知り合いに聞いた電源の問題が頭にこびりついている、エアコンの電源ではなく、分けて単独で200Vを二芯の電線でオーディオルームへ引き、質の優れたトランスで、コンセントまで非メッキにこだわり、100や117Vへダウンさせると言うものだった。

私は、早速電気工事屋さんへ話を聞き、ネットでも色々調べた、その結果、家庭の100Vの電気がいかに汚れているのかを今さら知った、今の部屋では出来ないが、話を聞く限りにおいて、繋いで試してみるまでもないだろう、私は即ビルダーさんへ連絡した、オーディオの電源は、総ての家電と全く別に単独で200Vを二芯で引いてもらう事に決めた。

この位部屋を決めておけばオーディオケーブルは更に優れたものが作り安いだろうと思う。

色々な原因が今の我が家にあり、リッツ線のオーディオケーブルの実験は新居に行くまでは中断となったのである。

お客様の意見はとても大切だ、今回のリッツ線研究は私に、更なる高嶺に昇る方法を教えてくれた。

しかし今回、教えていただいたから良かったものの、知らないとは実に恐ろしい事だ、でもありがたい。

そして私は思い出した、このケーブルは単なるウエスタンスピリッツケーブルとは少し違う事を、プリパワー間のケーブルはある意味半リッツ線になっている、今回のリッツと少し違うのは、ウエスタン0.3㎜を六本とウエスタン0.6㎜を四本、それらを一緒に捩り合わせたものにシールドをしたケーブルだと思い出した。

低音は骨格を残し、高域をのばそうと私が勘で作ったものだった、0.3㎜の線は、被覆のはげてないところを吟味して作った混合リッツ線である、このケーブルは、他に使った事はないが、プリパワー間で使う限りにおいては抜群の効果なのである、つまり太い単線とリッツ線の良いとこ取りとはならないか?しかし正確に検証のしようがない、すっかり忘れていた、また新居での、リッツ線研究課題は増えた事になる。

しかしオーディオは深く広い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA