[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ホーンのカットオフ周波数。

これはかなり重要な問題です。
スピーカーシステムは各ユニットが合わさって構成されている、書いてる私はJBLのスリーウェイである。
以前ネットワークが出来上がったので、ユニットの単体の音を聞いてみた、当たり前だが全く音にも音楽にもならない。
ウーハーは、モコモコの音、ドライバーはプワプワしていてほとんど鳴らない、ツィーターはチッ!チッ!っとかすかに鳴ってるだけ。
総て繋げると驚く程上手く手を結んでいる。
三位一体だと思った。
しかし単体の音を聞くと、とても鳴るとは思えない。こんなものかと思った。
さて、前回で呟いたカットオフの話である。
すでに、そこにお気付きの方は察しが早い、私は以前、500Hzでカットするのだから、ホーンのカットオフ周波数は少し余裕をみて、425Hzもあれば充分だと思っていた。
あまりカットオフが低いとウーハーと被る気がしていた。
ところが、そうではないのである。
その答えはいろんなホーンを使ってみてはじめて証明された、私はアルテックの511Bや811BJBL2345やマクソニックHS-501そして我が友コーラルAH-500などまだまだ挙げればきりがない。
しかしどのホーンも音が明るく音が薄い気がしていた、それを私に伝えてくれたのは川口の例のN氏である、彼は、今は我が友となったコーラルのAH-500を私に薦めてきた、私はホーンではそんなに変わらないと思ってきた、しかしである、繋いで聞いてみるとやはりホーンのカットオフ250Hzは凄かった、ウーハーとしっかり繋がり、音の重心は下がり落ち着いた。
私はこの音がほしかったのだ。
このホーンはJBLと同じ三つ穴があいていて私のLE-85が、ありがたい事にそのまま繋がるのだ、やはりJBLに追いつけ追いこせだと思う。
私は一度500Hzカット(実は425Hzになっていた)で繋いでみた。
やはりドライバーが苦しいのが分かる、そして800Hzカットにした、見事にウーハーと綺麗に繋がった。これで分かる、いくら高い所でカットしても、かなり下まで倍音として再生しているのだ。
みなさん、カットオフの低いホーンを探そう。
ウッドホーンも魅力的なのがある。
以前ミッドバスを使ったよりも遥かに効果はあった。倍音でウーハーと繋げるこれは一つの正攻法の一つだと私は思う。
あくまでも主観だが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA