[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

BRUSE FORMAN・GEORGE CABLES DYNAMICS


鳴らすのが難しく、上手く鳴ったら素晴らしいレコードを、独断と偏見で少し紹介していきます。

1985年USA Concord CJ-279である。ブルース フォアマンがギター、ジョージ ケーブルがピアノの、二人で構成されたレコードである。

1985年であるから、とてもしなやかな潤いのある、優れた録音である。

ダイナミックレンジが広く、S/Nがとても優れている。ドラムもホーン楽器もいないのでとても静かな分、演奏に経験と腕が要求されると思う。

選曲もとても洗練されていて、一枚通しとても聞きやすい。

二人の掛け合いがとても絶妙である。ベースがいない事をあまり感じない位、優れた演奏内容になっている。

Concordのレコードにはベースがいなかったり、ドラムがいなかったり、実験の様に様々な内容が多いのだが、このレコードは正にその最たるものであろう。

気の入っていないオーディオ装置で聞くと、全く受け付けず、つまらないレコードになってしまうと思う。貴方の装置ではどう鳴るだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA