[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

部屋の壁が馴染んできた

オーディオは部屋を含め本当に難しいと思った。そして降り続いた雨があがり陽がさしてきた。何か良い事あるかな。

新居に越して一ヶ月ちょっと経った。日に日にとはいかないが、少しずつ鳴り方が変化してきたのである。今日更に低い重低音がズボッと鳴って、急に奥行きと広がりが増した。

はじめは固かったトランペットやサックスの音は、かなり柔らかく違和感が減ってきた。明らかにこちらの耳が慣れて来たのではない。

200V30Aのコンセントから117Vへ落とす2000Wと1000Wの容量の低磁束のノイズカットトランスは、見積もり段階である。と書いていたら、見積もりファックスが届いた。「やっぱり良い事あったね」、迷うことなく、即オーダーした。

低磁束と普通のをニパターン見積もりをしてもらっていた。特注なので、会社と金額をお伝え出来ないのが残念であるが、皆さんが思っているよりもプロは優れたものを安く仕入れる事が出来る。

とても楽しみである。

それ以前に部屋がオーディオに都合良く馴染んでもらわなければ困る。そう思っていた矢先の事であった。

時が良ければ総てが順調に進む。

そうでなければトランスが効いたのか、部屋がなじんだのか分からなくなるからである。

そして私はトランスがきたら何日かで、今回完成させたリッツ線オーディオケーブルの答えをこの部屋でだすことになるだろう。

楽しみであると共に、いよいよ人生の決断をする時でもある。

私は今年で54歳である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA