[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

音を良くする事とは。

誰もが一度は経験した筈だ。
気に入った自分のシステムを不満なく聞いていて、圧倒的に自分よりも値段の高いシステムを聞かされた時、その見た目に先ず圧倒され、音までよく聞こえてしまい、同じものが自分も欲しいと。
私も若い頃は確かにあった、しかし何度か聞かせてもらい気が付いた、よく聞いてみると、意外とたいした事はないなと。
良い音とは断じて青筋たててスピーカーをにらみ対決姿勢で聞くものじゃない。好きな音楽を楽しく長く飽きずに聞けるかだ、凄い音を出しながらも意外と聞いてて疲れずに楽なのだ。
そして隣にいる人と聞きながら普通の声の大きさで話が出来る事だ。
これが意外とみなさん出来ていない。
そしてちゃんと鳴っていれば、アホみたいにボリュームを上げなくても、妥協なく迫力が充分に出る筈だ。しかしシステムの音のレベルが上がって来ると、歪みが少ないため、自分ではあまり大きな音を出していないつもりでも、階下や上の階の人から苦情が出る事がある。
私は実際にあった。
私の住まいは賃貸マンションの最上階の五階である、床は分厚いコンクリートの上にカーペットがはじめから敷いてあった。
以前はボリュームの目盛り位置はアナログで下から六つ目だった、確かに自分でも感じていた、最近音のレベルがかなり上がったかな?十年住んで来たが一度も苦情はなかった。
でも平気だろうと、そして私は少し控えてボリュームを下から四つ目にして聞いていた、それでもまだ大きな気がした。
ieある日の夕方、下から四つ目で聞いていた、すると部屋のチャイムがなった、出てみると大家さんだった、私はステレオですか?と聞いた、下の部屋からですと言われた、階下のエレベーターホール迄音は響いてますとの事だった。
やっぱりかと思い、今度はシングル盤をボリュームを下から一で聞いていた、二時間後またチャイムがなった、また大家さんで、実際に下の部屋に入り聞いてみたら、重低音みたいなものかと思ったら、なんと私が何を聞いてる歌の内容までハッキリ聞こえると、これはまずい…
何日かして気がついた、これは多分エネルギーの塊のような音を出す鉄芯入りのムンドルフの0Ωコイルだと、鉄芯入りのコイルは極性がコロコロ引っくり返る、その時にエネルギーを鉄芯に蓄える、次に極性が戻る時にそのエネルギーを一気に放出する、多分そこだと。
PAやディスコ(今や死語?)は必ず巻き線の太い鉄芯コイルである。
そしてちょうど良いので、空芯銅箔コイルに変えてみた、それから階下からの苦情はピタリと止んだ、十日位たってから大家さんに聞いてみた、その後苦情はどうですかと、オーケーとの事でした。
部屋で聞いていると音圧はほとんど変わらず、むしろ空芯銅箔コイルの方がレンジが広いのだ、鉄芯コイルはどうしてもエネルギーが飽和する周波数があるようなのだ。
そこがくい止まって歪みうるさくなるのだ。
またそこが鉄芯の魅力でもある。
これはそこに気付いた自分に拍手だし、階下には良かったが、これから気を付けなければいけないと思った。
人に迷惑かけてまで私はオーディオを鳴らす気にはなれないからだ。
私のオーディオは特に接点を減らしている、部屋で聞いてると滑らかで静かなのだが、それがこんな結果になったことは反省である。エネルギーロスを減らすのは大いに結構だが、他人に迷惑かけてはいけいない、音を徹底的に追い込み、良くするとは時に私のような経験をする事もあるのだ。みなさん、本当に気を付けていただきたい。
隣近所だから言えない、これは日々重なっていくと、恐ろしい事件にもなりかねない、私はここに住んでる事の責任を感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA