[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

総武線船橋のお客様のリスニングルームへ。

ずっとここ10年位、年賀状だけのお付き合いになり、少し寂しく気になっていた。先週、突然連絡があった。胸を患い、手術されたと聞いた、大丈夫かな?

電話のたわいもないお話から、ご自分では術後なので力が入らず、大きなオーディオシステムを使う事に少し疲れた感じに聞こえたのである。

久し振りでお会いしたお客様は、術後にも関わらず意外とお元気だった。早速お部屋へ。もう暫く鳴らしていないのが分かった。311の震災後、昔私が作ったスピーカー下の足も壊れ、その頃から時を同じくして、お体もこわされたようである。

ドライバーが繋がっていなかった。早速繋げ持参したCDを聞いてみた。暫く電源を入れてなかったので仕方がないが、音に遊び心も艶もなくノイズが出ていた。しかし、音は鳴らしてる内に少しずつ蘇って来た。

アンプは、GASのテァドラとアンプジラである、DC漏れを起こす、とても危険なアンプである。

そしてアナログを鳴らしてみた、音が出ない。カートリッヂの出力やあらゆる所を磨いたが変化なしである。しかしプリからだんだんとノイズが出てきた。

CDは鳴るのである。フォノの回路かも知れない。当然トーンアームの出力もアンプのフォノ入力端子も磨いてみた。これから色々試し、駄目ならばアンプをCROWNに交換するしかない。

私も使っていたが、GASは音は良いのだが、とても接触不良が多いのである。それが度重なりスピーカーも焼き、私は以前CROWNに交換した経緯がある。

そうならなければ良いが、かなり心配である。

早急に手を打たなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA