[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオの音量

少し前まで、私はオーディオはそこそこのパワーを入れないと、良い音にならないのだと思っていた。

しかし、今は、妥協なくそんな事はない、ウエスタンスピリッツのスピーカーシステムは、能率が101dBである。なので、一目盛り上げれば音量は充分である。

大音量派の方には音を大きくして差し上げるが、ボリュームを上げすぎると、逆に付帯音等の粗がでる気がするのである。

しかし、少し前は音を大きくしないと低音や高音を感じなかった。つまり付帯音や分割振動で音がボケていたのである。それを私はずっと気が付かなかった。

今は、小さな音でもユニットがボケていなくて、まともに動作させる事が出来たので、クッキリした音が鳴る、小さな音でも充分に楽しめる様になった。

そこに高域特性に優れたリッツ線を使っている訳である。音は話す迄もないだろう。

大きな音でしか良い音が鳴らないシステムは、情報量に乏しく、レベルが低いと思われる。

それと私は、過去何度もフルレンジを密閉のボックスを自作して聞いてきた。特に8㎝~16㎝のフルレンジは、ネットワークを使わないで聞くと、高域や低域は薄いが、反応が良く、素直で軽やかなボーカルが聞ける。

その軽やかな中域だけは、どんなに優れたユニットを使おうが、どんなにネットワークを追い込もうが、絶対に鳴らない。

しかし、私はプロである、さすがに小さなユニットの薄い低音や高音では、お客様が見た目で納得してくれないのである。

だから、大きなJBL4560を使っている訳ではないが。やはりフルレンジの反応の素早い素直な音は、今をもってしても認めざるをえない。

しかし、フルレンジも極めるのがとても大変である。シンプルが故に世間並みならば鳴るが、私はプロである。更に上を求める筈である。

だから、今は安易に手を出さないのである。フルレンジでも世間をあっと言わせる音は確かに構築出来る。

JBLの4560BKに入った、38㎝(130A)の大きなスピーカーが、軽々と鳴ってしまった。130Aは他のユニットよりは、確かに音が軽やかだが、ウエスタンスピリッツはそんなものではない。

電磁波の対策よりもそ、の実験は遥か先を行ったものだった。

今、私が聞いている総てのソフトは、少し前に聞いていた同じものとは、とても思えない。

小音量でも痩せず、スッキリクッキリしていて、濃厚な素早い切れのある、静かな音である。

JBLは普通どこで聞いても中域が薄い、ウエスタンスピリッツの音は今、濃厚そのものである。

しかし、そこにはウエスタンスピリッツが開発した、リッツ線が総てに繋がっているのである。

一ヶ月無料のリッツ線のモニター応募を始めました。
>>WESTERN SPIRITSのモニターケーブルは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA