[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

三人目のお客様のご試聴結果

こちらのお客様は新居に来てから六度目である、この部屋での変化をずって聞いて来られた。

JBL4560BKの内部総て、そしてホーンの上部総てに、実験を施した。

モヤモヤしていた附帯音が減り、音が静かになり、高域が変わったと話された。気にしていた音の被りは、一切感じないと言うのである。

数日前に、ご試聴されたTADをお使いの方は、低音に被ったような違和感を感じると話すのである。しかし、この試聴結果こそが、一番の真実なのかも知れない。そして、この音がJBLなのかも知れない。

私にも、それがどの辺の周波数なのか分からないのである。JBLの130Aはコンシェマー用である、TADのウーハーは大音量用である。

それを、家庭で真空管アンプで小音量にして使うと、濃密でクリアーになると言うのだろうか。しかし、比べてその結果になった訳で、そこには、何かがあるのだろうが、皆目検討がつかない。

これはずっと以前からそうなのである。TADの方は、自分は他の人と聞き方が違うのかも知れないとも話していたが、私も実際にTADを聞いたが、違和感のない、とてもクリアーな音に聞こえたのである。

しかし、自宅に帰り、JBLを再び聞いても違和感は感じないのである。でも確かに鳴り方は違う。

TADの音には、個人的に奏者との正しい距離を感じる。しかし、今はウエスタンスピリッツもその様になった。

しかし、最近TADの方は、普段は自作のLCネットワークなのだが、試しにマルチにしてみたのだそうである。多少、音色は変わったが違和感は感じないとの事だった。

ただ、TADの方は奥行きとか音像のお話をしても、自分にはそれが分からないと言うのである。自分は音色しか分からないと言うのである。

確かにTADの方のシステムは、定位はかなりずれている、しかし、肝心な音は良いと思う。考えていると分からなくなった。

少ししたら、またTADを聞かせていただこうと思った。

しかし、実験を施した後の方が良いと話したのは合計で八人、音色が変わって残念と話したのは一人なのである。しかし、多数決で決められる程、私は単純な思考回路ではない。

オーディオは実に、難しいのである。

しかし、ウエスタンスピリッツは、リッツ線のモニター応募を始めました。

>>WESTERN SPIRITSのモニターケーブルは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA