[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

フェライトコア

付けて約二ヶ月聞いてきた、結論、外した。

付けた時はクリアーになったと感じた、しかしその反面、別な大切な何かを失って感じた。

その失ったものとは、のびやかさと響きの様なもの、つまり解放感だった。少しの時間、色々なソフトを聞いたらだんだん分かると思う。音が変化したのと、音が良くなったのは意味が違うのである。

高周波ノイズはケーブルにのっている。しかしフェライトコアで除去しようとしても効果は薄いし、害もあるのである。

入ってしまった高周波ノイズを後付けで減らそうとしたのがフェライトコアである。

単線の中心で何が起こっているのか、交流は高周波になるほど、素線の表面を流れようとする、しかし低い周波数もけっこう表面の方を流れようとするのである。

ましてやウエスタンスピリッツはプラスがリッツ線になっている。

素線の真ん中は電磁誘導の影響で、インピーダンスが高くなっている。しかし、低い周波数は流れづらいが、少しは流れる。しかし高周波は表面しか流れない。

フェライトコアでは解放感や音の響きが止まる。これでご理解いただけるだろうか。

ウエスタンスピリッツは、新たに開発したリッツ線の値段を以前のタイプと変わらず、一メートル左右ペアで四万円で販売する事を決めた。そしてリッツ線の一ヶ月無料のモニター応募を募ります。

>>WESTERN SPIRITSのモニターケーブルは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA