[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオケーブル

今までウエスタンスピリッツは、本当に様々なオーディオケーブルを色んなパターンで作って来た。

そして様々なパターンで作ったケーブルは、各々全く違う性格の鳴り方をした。

結果、ウエスタンスピリッツは、作り方が絹糸を巻き付けて作るので、ある種独特な響きがあり、どのパターンでも優れた再生音になったのも事実。

しかし、その中でも最も優れた素線は、リッツ線の研究が進むまでは、ウエスタンの0.6㎜単線の四本より線だった。

その素線は中国経由で仙台の方から譲ってもらっていた線である。この線は長さがまちまちで、40~50本束になって送られて来た。

ワックスが大量に塗ってあり、石油で溶けるが、とても汚いのである。私はこの線を他では一度も見たことはなかった。似たものがあるが、この線だけは中身が全く違うのである。

被膜は平たい絹を巻き付けた上に平たい柄の付いた編んだような綿の被膜である。そしてそれは強く引き締まっている。

被膜をほどいてみて、素線を見て驚いた、ブラックエナメルの様な被膜であるが、多分カーボンをラッカーの様なもので固めて塗ってあるのである。

カッターで削いでみると黒い細かな粉になる。エナメルは、この様な粉にはならない。そして銅線が出てきた、更に軽くカッターを当てて丁寧に黒い被膜を剥がすと、銀色のメッキが出てきた。

スズメッキ?いや、もしやと思い、黒い被膜を剥離剤で溶かしてみた。綺麗に剥がれた、そしてもしや?と思い、日本製のスズメッキ単線と一週間並べて放置した。すると、ウエスタン単線は黒くなった。

スズメッキではなかった、高価な銀メッキ線と判明した。日本のスズメッキ線は一週間では全く変化なしで、少しすると白く濁って来る。

そしてブラックエナメルは、エナメルではなくカーボンだった。

その単線の被膜を剥離して、ホット側の線として四本捩り、グランドを1.2㎜単線にして絹糸を強く巻き付け、平行に束ね、シルバーケーブルとしてかなり販売した。

しかし、その線はこの度、ウエスタンスピリッツが研究したリッツ線に負けたのである。ウエスタンスピリッツのリッツ線の音には欠点が見つからない。

そうお客様は話す。しかし、そのお客様のシステムには、過去のウエスタンスピリッツケーブルが、総てに繋がっている。

だから分かったのかも知れない。現にウエスタンスピリッツのリッツ線をモニターされた方は、ベルデンのケーブルと比べ、多少ダイナミックレンジが狭く感じたとご連絡が来たのである。

他のケーブルとの兼ね合いがあり、正当な答えがない気がしたのである。しかし我が家で鳴っているリッツ線は実に柔らかく綺麗で膨大なダイナミックレンジを感じる。

しかしモニターされた方は現にそう感じたのである。一つ前のシルバーケーブルは、モニターされた方からの評価がとても良く、貸し出すと二度と帰って来なかった。

でもウエスタンスピリッツは、今回モニターされた方の評価を受け止めなければならない、何故だろう。

しかし、モニターされたケーブルはどの様な音になっていたのだろうか?とても興味深く、オーディオケーブルは本当に難しいとつくづく思った。

そしてCDからプリに繋ぐケーブルは、特にリッツ線に限り、ノンシールドが優れている。

アナログは、フォノイコライザーの増幅前なので、ノイズをひろいノンシールドはNGだが、他のラインケーブルはノンシールドが優れて聞こえるのは私だけか。

一ヶ月無料でモニター応募を開始した。購入するしないは貴方のご勝手、ただ聞いてみたいで構わない。貴方のご負担は返却時の送料だけである。

ウエスタンスピリッツは、色んな方の、社交辞令のないご試聴結果が欲しいのである。更に優れたケーブルを製作する為に。

>>WESTERN SPIRITSのモニターケーブルは、こちら

今後ともウエスタンスピリッツを宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA