[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ラインケーブル

ラインケーブルは主に電圧がかかる、電流はあまり流れないのである。しかし、ウエスタンスピリッツの作り方では、電流が流れるスピーカーケーブルと作り方に大きな差はない。

しいて差があるとすれば、シールドの有無である。電源ケーブルにシールドを施すと音が粗く固くなる。

話がスピーカーケーブルに反れたが、ラインケーブルをご理解いただく為に必要と思い、呟いた。

ウエスタンスピリッツは、ラインケーブルもマイナスは1.6㎜単線で、プラスは0.12㎜単線を108本のリッツ線なのである。

それともう一つ、マイナスは同じ1.6㎜単線なのだが。その他に、ウエスタンの0.6㎜単線を四本捩ってプラスとして作ったタイプの二種類がある。

今までは各々シールドを施していた。今回は各々にノンシールドも加えようと今、製作中である。しかしウエスタンスピリッツは、どなたの真似もしない。

シールドを被せたもの、ノンシールド、各々に繋ぐ場所によって音にアクセントを付ける事が出来る。

これから、ウエスタンスピリッツの二種類のケーブルは、選択が出来る様になる。

そして端末処理の剥離の仕方で、音質が、数倍良い方向に進化したのである。

値段は、以前と変わらず、一メートル左右ペアで四万円である。しかしこの企業努力で、マイナーチェンジは一切していない。むしろコストと音質は、かなり上がっている。

まだ完成してないが、近々必ずこのブログで公開する。

オーディオはケーブルで音が激変する。もっと真剣にウエスタンスピリッツをお知りになりたければ、過去のブログをお暇な時に総て読んでみていただきたい。

ウエスタンスピリッツは、簡単に一足飛びにここに辿り着いた訳でない、むしろ滑りっぱなしで失敗の連続だった。しかし、一度も逃げた事はない。むしろ失敗も正直に公開し過ぎたと思っている。

馬鹿な奴だと笑って読んで頂いて結構である。途中で人間関係のトラブルがあり、少し前後が噛み合わないところもある。しかし総て真実である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA