[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

DL-103のヘッドシェルを探しに



やはり私は今回も我慢が出来なかった、昔からそうである、欲しいとなったら即行動である。

最近少し暖かいので、秋葉原のヨドバシに行きました。昔は秋葉原と言えば老舗がたくさんありました、今はヨドバシ位しか高級品が揃ってるお店がない。

ヘッドシェルは、かなりの種類がありました。その中でたった一つ目を引いたのが、シェルターと言うメーカーの、アルミ製で真ん中をくりぬいた、とても軽いタイプでした。しかしSMEほど薄っぺらくはない適度な感じに見えた。

オルトフォンも良さそうに見えましたが、知り合いが使用しているし、先端の丸い感じがDL-103とマッチせず、あえて四角いシェルターを選んだのです。

ウエスタンスピリッツは、いつも音ばかり気にしてる様に見えるでしょうが、やはりフォルムも大切な気がしました。

オーディオテクニカ等のカートリッヂを取り付ける穴の位置が決まってしまってるタイプは、隣の穴との中間がないので、昔からパスです。

シェルターは見ていて胸騒ぎがして、何とも甘さがなく響きが良さそうな感じがしました。

さて、肝心な音はどうだろうか。ヘッドシェルとトーンアームの間に入るゴムワッシャーは、付いていたが外した。理由は、音が鈍るから。

まだ取り付けたばかりなのと、シェルリード線もまだ馴染んではいない。しかし良い感じである。気にしていた薄っぺらさは全くなく硬派な感じがした。

DL-103は一年半ぶりに繋いで聞いた。やはりだてに何十年と残ってはいないカートリッヂだと思う。このてのスタンダード商品は、やはりシビアに伝統が受け継がれているのである。

昔聞いた音と何ら違和感はない、実にクリアーで、フレッシュな味わい深い音である。やはりオルトフォンSPU(A/EやG/E)と並び、永遠のスタンダードだと個人的に思う。

次から次へとレコードに手がのびる。やはり少し聞いてきたDL-305発売記念モデルとは一味も二味も違う。

確かにDL-305発売記念モデルは、DL-103と比べ、スペックは上である。しかし個人的に、トータルでDL-103に軍配をあげたい。値段が安いからではない。

つまり安心してレコードレーベルを選ばず、純粋な気持ちで音楽に浸れるのである。しかし、残念ながら値段は35000円に値上がりしたようである。

細かく言えば欠点はいくらでもある。それは何もDL-103に限った事ではない、しかし、そこを飛び越えて聞きやすい。

少し聞いてから、トーンアームの高さ調整をシビアに追い込んだ、更に低域は下に太く沈み込んで、全体的に音の重心が下がり、高域は上にのびて、中域は奥行きが出て広がりが増した。

しかし、以前DL-103には、ピカリングの安価なヘッドシェルを付けて聞いていた。今回少し奮発して良かった。鳴り方が違い反応が早くなった。

シェルターのヘッドシェルMODEL1011(販売価格5460円)は、DENON DL-103と相性が良い様である。

そしてもう一つ、レコードに針を乗せる為の指かけフックだが、本来音の為には付帯音の原因になるのだろうが、私にはとても良い。針を上げるときは低くてレコードと接近して少し辛いめんもあるが、あまり手に引っ掛からず、ストレスなく針を乗せられる。

アートペッパーのミーツザリズムセクションが今までになく実に味わい深く鳴ったのである。このレコードはどこでかけてもそこそこになってしまうが、普通はどうしても途中で飽きる。

ウエスタンスピリッツでは、最後まで耳を惹き付けてしっかり美味しく鳴ったのである。しかし、ヘッドシェルでこんなに変化するとは正直驚いた。

特にA面の四曲目は、フィリージョーのドラムスのブラシが一本一本まるで見えるかのように鮮やかに軽やかに弾力を伴って鳴った。

以前はもっと大雑把に感じたのに、こうなればヘッドシェルも、とても大切なアイテムである。単なるオーディオアクセサリーではない。

その夜家内と聞いた、一言…103って、良いねと家内は一言言った。

これが総ての答えだと思い、納得した。しかし簡単には鳴らないよ。

私は過去の数々の実験の失敗を呟いてきた、そして持論もたくさんひっくり返してきた。しかし、YAMAHAのGT-750を自作ボードに乗せ換えた事や、オーディオテクニカのトーンアーム.1005Ⅱや、その内部配線の交換の実験だけはひっくり返していない。

何と言っても、失敗は失敗、成功は成功である。やはりアナログは調整次第ではとても素晴らしい。いばらの道ではあるが、個々に色々努力されたし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA