[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオ

貴方は、本当に今の音に満足ですか?満足と思っているのならば、まことに素敵な事ですが。残念ながら多分鳴っていない、私はそう考えている。

それは何故か?高級品を購入してケーブルを換えた位で、多分何にもしていないからです。何もしなければ確かに失敗はしない。しかし何かをしなければずっと今のままである。

それと販売されているケーブルの音は実に酷い。ベルデンのプロトタイブが標準的だから良いのですか?スタジオで使われてると書かれているから使われているのですか?今より、もっと上の音があるのをご存じですか。

ウエスタンスピリッツは、一般的なレベルでオーディオをやっていない、一般的なケーブルを作っている訳ではありません。

とにかく徹底的に聞き分け、色々努力してきました。当然ベルデンのプロトタイブも総て聞いています。切り売りのケーブルもたくさん購入(安価なものから高級品まで)し、色んな端子も購入して実際に作って検証した。その後に今のウエスタンスピリッツがあります。

ウエスタンスピリッツは市販のケーブルや流行りの音を熟知しています。それでも端末の処理が甘かったり、なかなか自分が思う優れたケーブルを作る事が出来ませんでした。

今回完成したリッツ線は、やっとその総てをクリアーしましたが、今は試聴中です。

しかし現在、日本製と言われ販売されてるケーブルや端子は殆どが中国製です。こちらがしっかり指導伝達しているとは言え、よく観察すると、最後の仕上げの段階でやはり甘いのです。

しかも日本のパーツ屋さんで売られてる端子は、一つが400円位で販売されてる。それを実際に中国で購入すると、なんと一つ10~50円ですから驚きです、でもこれが現実です。

そんな端子は、音も耳に絡まりベタベタで汚く、素材が柔らかいのか密度が低いのか柔(ヘナヘナで品がない)です。ウエスタンスピリッツのケーブルに繋げても、場末のキャバレーで聞いてる様な品のない音しかしなかった。しかしスペックだけは優れている。

なのでウエスタンスピリッツは、端子をスイッチクラフトにしているのです。端子をスイッチクラフトにするだけでしっかりした品位の高い落ち着いた音になるからです。しかし、金メッキはいただけません。音は、シルバーのタイプに限ります。

とは言っても、昔はUSAで製造されていたスイッチクラフトも、今はメキシコ製になり、一部は中国製になっています。ウエスタンスピリッツが使っている端子はメキシコ製です。

それと最近のピン端子は食い付きが悪く、ガバガバで抜けやすい、WBTはしまりすぎる。ノイトリックは音が耳に絡まる。スイッチクラフトはそんな事はない。

ウエスタンスピリッツは端子だけに限らず、半田に迄拘っている。ケーブルの作り方にも徹底的に拘っている。被膜のしまりの甘いケーブルからは、甘く乾いた音しかしません。

そしてそれでも尚、端末を更にシンプルにさせて繋げて来た、そしてやっと理想の音に近付いたのである。

だから世間一般的なオーディオとは、結果も論点も全く違うのである。今のシステムも鳴らせないで、自分の考えはない筈である。ご自分の考えはしっかりと鳴らせてからである。

しかし今は結果オーライとなったが、ウエスタンスピリッツもとにかく失敗の連続だった。

そうなってほしくはない。過去のブログをお暇な時に総て読んでほしい。失敗から得た知識は少しずつ降り積もり、最近やっとある程度の答えが出たと思う。

私に出来たのである、貴方にも出来る筈である。くだらないカタログの様なオーディオ雑誌よりは、たくさんの答えを書いてるつもりである。

その根拠は、実際に実験して語っているからである。なので、どこそこのメーカーを強く薦めるものではない。

オーディオはどこが肝心か?端末の処理と端末の清掃である。そして、センスも含めて総てである。

それがしっかりと出来た時、オーディオは貴方に至福の時をくれるだろう。

オーディオは、物理的なものを次々換えて音を磨く趣味ではない、どの様に設置して、どの様に繋ぐのかである。そして、貴方が最後、どの様に鳴らしたいのかである。

これが根底にないから、いつも販売店の餌食になるのである。

お店だって売れなければならない、もっと言えば、出来るだけ高額な機材が売れればそれで良い、他人の音などどうでもいい。これが本当のオーディオの実態である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA