階下に響くスピーカー

スピーカーが階下に響くのではない、確かにスピーカーを鳴らすから階下に響くのだが、お膳立てが必要だと思う。

スピーカーの底面を床にじかにベタに置いてるから、階下に響くのだと思う、それ以前にその状態では音に解放感がなくなる。

スピーカーの下の床に、ある程度(10センチ程)の厚さの板を敷いて、その上にスピーカーを設置し、更に板とスピーカーのあいだにキューブ(約1センチ角)を入れて、スピーカーを浮かせて設置してみて欲しい。

階下への影響はかなり減ると思う、そして、スピーカーの下にキャスターが付いてるならば、即刻外さなければならない。

キャスターは簡単に重たいスピーカーを動かせ便利だが、エネルギーロスを起こす源、床を震動させ階下にも音が伝わる、つまり必要悪であり、外すと音はしっかりする「こんなに違うのか」そう感じる筈である。

利便性と音質向上は背中合わせにある、横着して音は良くならない。

先ほど話したスピーカーの下に敷く板は、安価なベニアでも構わないが、因みに私は、赤タモ(ニレ)の集成材を重ねて張り合わせ、厚さを10センチにして敷いている。

階下に響く設計のスピーカー等存在しないが、使い方が問題だと思う。

ゴム系のもので階下の音はなくならない、むしろ増幅する傾向にある。

私も色々やってみた、階下に音が響いてるような状態では、間違いなく上手く鳴っていない証拠、大きな音量にしなくとも、低音を感じる鳴り方になってないといけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA